FC2ブログ

「Up and Down?! :一進一退?!!」

日記
02 /24 2019

梅

気温

今日は何の日 2月24日

ハンドメイドの日(2月と10月の第4日曜日 記念日)

静岡県伊豆市に本拠を置き、手作り・クラフトの総合情報検索サイト「手作り市場 あ~てぃすと」の運営、クラフトイベント、体験教室の企画・運営を行っている有限会社アドバンスネクストが制定。

日付はハンドメイドは2つの手、10本の指を使って創ることから2月と10月に、そして「サンデー フォア クラフト」(クラフトのための日曜日)の言葉から、フォアを数字の「4」と見立てて第4日曜日としたもの。
子供から大人まで手作りの楽しさ、クラフト作品の良さを知ってもらうことが目的。
記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

手作り市場 あ~てぃすと

「ハンドメイドの日」の日付は以下の通り。

2018年2月25日(日)
2018年10月28日(日)
2019年2月24日(日)
2019年10月27日(日)
2020年2月23日(日)
2020年10月25日(日)

ハンドメイドについて

ハンドメイド(handmade)とは、「手で作った」「手作りの」「手製の」という意味である。
対義語は、マシンメイド(machine-made)で「機械製の」という意味である。

クラフト(craft)とは、手芸品や民芸品、工芸品、ペーパークラフト、ワイヤークラフトなど手作りのアートや工作物の総称である。
手作りアートまたはクラフトアートともいう。

ハンドメイドの利点としては、自分の気に入った材料を使用して、自分の思った通りの色や形、大きさ、デザインのものを作れることが挙げられる。
また、自分が作った「世界にたった一つだけのもの」であることも大きな魅力である。

現状の工業製品(加工食品も含む)は、何パーセントが「ハンドメイド(handmade)」なんでしょうか?!

梅2

おはようございます(´・Д・)」、久しぶりの快晴の日曜日と思いながらも、なかなか趣味の時間が作れず、一進一退の日でした。

イオン

歩数計


m3

m1

花



今日の気になる話題は此方です。

大井川鉄道でサイクルトレイン運行

2/23(土) 18:09配信  静岡朝日テレビ

川根路のサイクリングを満喫する特別列車「サイクルトレイン」が、大井川鉄道で 運行されました。

(注*一応、細かい事かも知れませんが、地元民なので「千頭」と書いて 、「センズ」と読みます。)

島田市の新金谷駅には23名のサイクリストが集まり、車体を分解せずそのまま列車に乗車することができる「サイクルトレイン」に乗り込みました。
サイクルトレインは、島田市の新金谷駅から川根本町の千頭駅まで、往復で運行されました。参加者は自転車で島田市まで戻ったり、千頭駅より奥の寸又峡などを自転車で散策したあと、また列車に乗って帰ってくるなど、自由なプランを楽しむことが できるということです。
サイクルトレインは伊豆急行や伊豆箱根鉄道でも、運行されています。

最終更新:2/23(土) 18:09
静岡朝日テレビ


花2

梅5

芭蕉俳句 :  子の日しに都へ行かん友もがな (ねのひしに みやこえいかん とももがな) (蕉翁全伝)
時代背景&解説 : 貞亨2年。
『野ざらし紀行』の旅で、2度目の伊賀上野。
年を越して正月。
 子の日の遊びをしに都まで一緒に旅をする人がいるとよいのだが。
「子の日」は正月最初のねの日をいう。
古くはこの日に野に出て小松や若菜を「引く」行事。
ネノビともいう。


街2

街





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる
一応、後日談風に追記します。


KONDO RACING 近藤真彦監督が「1勝と言わず2勝ぐらい」と力強く勝利を誓った「GT300マシン初公開イベント」
新型GT300マシン「56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」初公開


編集部:佐久間 秀  2019年2月23日 00:00

2019年2月22日 開催

01
近藤真彦監督によってお披露目されたKONDO RACINGのGT300マシン「56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」

 KONDO RACINGは日産グローバル本社ギャラリーで2月22日、SUPER GT GT300クラス参戦マシンを初公開する「NISSAN MECHANIC CHALLENGE ~KONDO RACING GT300アンベールイベント」を開催した。

 KONDO RACINGは2019年シーズン、SUPER GTのGT300クラスで日産自動車のレース専用車両「GT-R NISMO GT3」を使った「56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」でレースを戦う。

02
56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R
03
リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのゼッケンナンバーは56で、車両のメンテナンスはエムケイカンパニーが担当する
ボディのカラーリングはブルーを基調としており、イエローのヘッドライトも特徴的
04
タイヤは横浜ゴム、ホイールはレイズという組み合わせ。タイヤサイズは前後とも330/710 R18
ドアパネルに「NISSAN MECHANIC CHALLENGEなど多数のロゴが記載されている
05
ドライバーには平峰一貴選手、サッシャ・フェネストラズ選手の2人を起用

「1勝とは言わず、2勝ぐらい」と近藤監督が必勝を宣言
06
近藤監督や平峰選手などのトークショーが約30分に渡って行なわれた

 イベント当日は冒頭でKONDO RACINGの近藤真彦監督のかけ声によりリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがアンベールされ、ニューマシンがお披露目になった後、近藤監督やこのマシンでGT300クラスに参戦する平峰一貴選手に加え、2012年から人材育成プロジェクトとして合同レース参戦を行なっている日産自動車 日本アフターセールス本部 アフターセールスリテンション部 部長の長谷川浩嗣氏、日産・自動車大学校 愛知校 校長の田中篤司氏の4人と司会のピエール北川氏によるトークショーが行なわれた。

 トークショーでは8年目を迎える合同レース参戦の意義やこれまでのエピソード、新たに挑戦するSUPER GT参戦に向けた意気込みなどが語られた。

 まず、近藤監督は新たなSUPER GT挑戦のきっかけについて「これまではスーパー耐久の参戦をやらせていただいていまして、ここで2016年のチャンピオンになることができました。
そこでスーパー耐久の頂点を見てしまったわけです。
チャンピオンを継続していくことは非常に難しいことでもあり、チャンピオンを獲った後、モチベーションを持ち続けていけるのか不安なところもありました。
だったら戦う場所を変えてみようかと思いまして、同じGT3車両を使う戦いなら勝つ自信がありましたので、GT300に場所を移してみようということになりました。
GT300の方はすごくお客さんもいますし、(プロジェクトで参加する)学生さんもモチベーションが上がるんじゃないかと思いまして『よし、300行くぞ!』と、言っちゃってからが大変でした」とコメント。
07
日産・自動車大学校 愛知校 校長の田中篤司氏

 これを受け、田中校長も「われわれは近藤監督といっしょに7年間、スーパー耐久をやってきました。
スーパー耐久という舞台は学生の育成に適した舞台ではあって、もちろん(SUPER)GTに行きたいという声もあったのですが、GTはハードルが高いとわれわれも思っていました。
ただ、7年間やって、チャンピオンも獲って、ひととおりのプログラムができあがったので、次にチャレンジしてみようかという思いもありました。
そこで、ちょうど1年ぐらい前に『実は相談したいことがあるんです』と近藤監督に言いに行ったら、近藤監督の方から『GT300、行く?』と、こちらから相談に行ったのに、もう監督の頭の中では決まっていたんです。
ある意味では、あうんの呼吸で意思の疎通ができていたということで、これまでの7年間の経験がそのままジャンプアップして(GT300参戦という)結果につながったんじゃないかなと思います」と語り、近藤監督もGT300挑戦を「機が熟した結果」と評した。
08
日産自動車株式会社 日本アフターセールス本部 アフターセールスリテンション部 部長 長谷川浩嗣氏

 また、2019年から開始するSUPER GTのGT300クラス参戦では、新たな試みとして日産・自動車大学校の生徒たちに加え、全国の日産自動車販売会社のテクニカルスタッフ(ディーラーメカニック)もメカニックとして参加することになっている。

 これについて長谷川部長は「今回の『NISSAN MECHANIC CHALLENGE』では、チャレンジという言葉に2つの意味を込めています。1つは、テクニカルスタッフにとって普段の仕事とは異なるレースというフィールドで活躍する。これは彼らにとっても1つの挑戦になると思うんです。もう1つは、国内最高峰のレースカテゴリーであるSUPER GTに参戦していく。これこそが大きな挑戦で、この2つの挑戦という意味を込めて『NISSAN MECHANIC CHALLENGE』と命名しました」と解説。

 さらに長谷川部長は「まさに今、レース参戦に向けてテクニカルスタッフの応募を受け付けているところで、参戦したいというテクニカルスタッフにはエントリーシートを書いてもらっています。ここには参戦に向けた思いや自己PRなどを書いてもらっていて、1人ひとりのエントリーシートを読ませていただいているのですが、熱い思いが書き切れずにA4のシートの裏まで使って書き連ねられているといった応募がたくさんあります。読んでいて私も非常にわくわくしていますし、本当にこのプロジェクトを近藤監督や田中校長といっしょに立ち上げてよかったなと感じています。ただ、それだけ熱い思いをたくさんいただいている中から、どうやって選んでいいのかと別の意味で悩んでいます」と語り、SUPER GT参戦に向けて多数のテクニカルスタッフが熱意を持って応募していることを明らかにした。
09
自分だけでなく、日産・自動車大学校の学生たちも応援してほしいと語る平峰選手

 そんな熱い思いを受け、それを実際のレースで結果につなげていく立場である平峰選手は、「僕もこのチームで走らせてもらって、たくさんの皆さんのお力添えがあって実現しています。
もちろん、ファンの皆さんもそうです。その思いを乗せて、僕も0.1秒の世界で戦っています。
その中では皆さんの応援はぜひ欲しいですし、僕だけじゃなく、チーム全体、そして日産・自動車大学校の学生たちのこともぜひ応援してください。
レースではとにかく勝ちにいきますし、新規参戦チームだということも関係ありません。
まわりは敵ばかりなので、とにかく倒しにいくというところを皆さんにお見せできるように頑張ります」と力強く語った。
10
「1勝とは言わず、2勝ぐらいしてひと花咲かせようと思っています」と必勝を宣言した近藤監督

 トークショーの最後に近藤監督は、週明けの月曜日からスタートするというテスト走行に向け、平峰選手に「壊さないでくれよ、新車なんだから」と笑いながらプレッシャーをかけた後、「KONDO RACINGはまた新しいプロジェクトをスタートさせることができました。日産自動車さん、日産・自動車大学校さんの協力がなければこのプロジェクトをスタートさせることはできなかったのですが、そのほかにも今日はたくさんのサポーターのみなさんに来ていただいて本当にありがとうございます。皆さんの夢を乗せて、2019年のGT300で、1勝とは言わず、2勝ぐらいしてひと花咲かせようと思っていますので、ぜひ応援してください」とコメントし、参戦初年度ながら勝利を目指すレースをしていくことをアピールした。


11
トークショーの終盤には、KONDO RACINGのロゴマークが入ったオリジナルノートや非売品のミニチュアカーなどが当たるプレゼント抽選会も行なわれた



アンベールイベントは日産自動車の公式YouTubeチャンネルで生中継が行なわれ、現在もアーカイブ動画が公開されている(54分1秒)

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。