FC2ブログ

「Service vehicle in Sunday.:働く車と日曜日の朝に。」

日記
03 /24 2019
店イオン2

気温

今日は何の日 3月24日

檸檬忌(3月24日 記念日)

大正・昭和期の小説家・梶井基次郎(かじい もとじろう)の1932年(昭和7年)の命日。

梶井基次郎
梶井基次郎

「檸檬忌(れもんき)」の名前は代表作の短編小説『檸檬』にちなむ。
この日を中心として、基次郎を偲ぶ会合が開かれる。

梶井基次郎について

1901年(明治34年)2月17日に現在の大阪府大阪市西区土佐堀に生まれる。
第三高等学校(現:京都大学総合人間学部)理科甲類を卒業。
東京帝国大学文学部英文科に進むが結核を病んで中退。

在学中の1925年(大正14年)に同人雑誌『青空』を創刊し、この年に『檸檬』『城のある町にて』『泥濘(でいねい)』『路上』『橡(とち)の花』など、青春の虚無と退廃の詩情を繊細な文体で綴った秀作を同誌に次々と発表する。

病状悪化のため伊豆湯ヶ島温泉に移り、1927年(昭和2年)に病める自意識の心象風景を描いた『冬の日』を発表。
翌1928年(昭和3年)に上京、ボードレール風な幻想性に富む散文詩『桜の樹の下には』などでようやく文壇の注目を集めるようになる。

1932年(昭和7年)、文壇の登竜門といわれた雑誌『中央公論』に『のんきな患者』を発表。
大阪での療養生活を描くが、この作品が絶筆となる。
結核により31歳の若さで死去。

その他の作品に『冬の蠅』(1928年)、『闇の絵巻』(1930年)などがある。
繊細な感覚による詩的散文ともいうべき作品は、死後に評価を高め、近代日本文学の古典のような位置を占めている。



店

おはようございます(´・Д・)」、昨日の土曜日は普通に歯科医へ、今月は毎週末通いました。
相変わらずだけども、夜勤上がりの時に限って用事が多過ぎますので、時間の使い方が巧くなりたいです。
「今日は何の日」に文学者・作家を取り上げて思ったのは、人物像に「写真」が掲載されている場合、明治の頃の人の方が、年齢よりは大人びて見える、事が多いですね。

歯科医

花

道

m1

m2

GS2
 

今日の気になる話題は此方です。

花咲く春到来、シダレザクラ満開 浜松・浜北区、万葉の森公園
静岡新聞NEWS (2019/3/23 09:01)
見頃を迎えたシダレザクラ=浜松市浜北区の万葉の森公園
見頃を迎えたシダレザクラ=浜松市浜北区の万葉の森公園

 浜松市浜北区平口の万葉の森公園でシダレザクラが満開を迎えた。
同公園資料館前で柔らかな色に咲く花を、子ども連れらが楽しんでいる。
 同公園専門員によると、高さ約8メートル。
咲き始めた時期は例年並みの18日ごろで、暖かい日が続いたこの数日で一気に開花した。
ピークは24日ごろまでという。

あわせてどうぞ、花便りです。

ミヤマツツジ見頃迎える 浜松・浜北区の不動寺

静岡新聞NEWS 2019/03/23 08:59

 浜松市浜北区平口の不動寺でミヤマツツジが見頃を迎えた。
約50株が植わる境内で、赤紫色の花が参拝者に春の訪れを告げている。
 加藤弘明住職(64)によると、例年より4、5日早い3月中旬、境内南側から北側へと順に咲いた。
3月末まで楽しめそう。
 同寺はソメイヨシノも咲き始め、4月7日には花まつりを開く。
厄よけの法要は午前10時半から。
午後3時からはミス浜北による餅投げがある。
加藤住職は「花が咲き誇る様子を楽しんでほしい」と話す。
花まつりの問い合わせは不動寺<電053(586)3205>へ


店7

店4

一年ぶりに「TSUTAYA ツタヤ」浜松中央店に寄って、その御洒落な変貌ぶりにΣ(゚д゚|||)驚きました。

店5

店6

店3

花3

芭蕉俳句 : 子に飽くと申す人には花もなし  (こにあくと もうすひとには はなもなし)
時代背景&解説 :   貞亨元年(41歳頃)頃から死の元禄7年(51歳)までの間。
 なお、この時期の制作年次不明のものとして、58句がある。
「飽く」には、
①充足した、十分に満足した、
②飽きたの二つの意が有る。
この句はどちらを指しているのか不明。

②で解釈すれば道徳的で教訓的。
①なら片隅の幸福を非難する気味と相成る。
制作年代が不明なため意味が取りにくい。
もし寿貞尼の子供たちを引き取った晩年の作とするなら②がふさわしく、若いときのものとするなら①の意味があるかもしれない。


店14

用事をする流れで、最後に「イオン市野店」へ行きました。

店9

何とか用事を済ませた出口付近で、御子様向けのイベントの一環なのか、「消防署(救急車・消防車)」「自衛隊(特殊装甲車)」「テレビ局(中継車)」の働く自動車が置いてありました。

店10

店8

店11

店12

マーク

花4



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。