FC2ブログ

「Cherry blossom viewing 2019.:花見2019年。」

日記
04 /14 2019
店5

気温

今日は何の日 4月14日

タイタニック号の日(4月14日 記念日)
1912年(明治45年)のこの日、初航海中のイギリスの大型客船タイタニック号が、北大西洋ニューファントランド沖で氷山に激突し、翌日未明にかけて沈没した。
イギリスのサザンプトン港からニューヨークに向けて出発したのが4月10日。
その4日後の出来事だった。
沈没に要した時間はわずか2時間40分。
乗客乗員2208人のうち1513人が死亡または行方不明となる大惨事だった。
これは当時、海難事故における最大の死者数であった。
この事故の原因や被害には、救命設備・流氷の監視・無線電信等さまざまな問題が関連しており、その後の船の安全確保において多くの教訓が生かされる結果となった。
1997年(平成9年)、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による映画『タイタニック』として映画化された。
主にSFアクション映画を手掛けてきたキャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作であり、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。
ストーリーはタイタニック号沈没の史実を交えて展開し、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。
この映画の興行収入は全世界で18億3500万ドルと、2009年(平成21年)の同監督による『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されていた。
日本における興行収入は262億円で、2001(平成13年)の宮崎駿監督による『千と千尋の神隠し』に抜かれるまで1位であった。
映画パンフレットも日本で153万部を売り上げた。
1998年(平成10年)の第70回アカデミー賞において、作品賞、監督賞、撮影賞、歌曲賞、音楽賞、衣裳デザイン賞など11部門で受賞した。
また、セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(My Heart Will Go On)も大ヒットした。



トイザらス

( ノ゚Д゚)おはようございます、昨日も天候好かったのですが、少し花冷えした感じの土曜日でしたね。
「浜松城公園」のお花見も此の土曜日・日曜日に満員御礼状態で最終期に入り、あまり春らしさを感じる事無く、「新年号・令和」を迎えるのですね。

ホテル

歩数計414

路

花50

ホテル2


今日の気に為る話題は此方です。

1万6500人仮住まい続く=長期避難解消、犠牲273人に-熊本地震14日で3年

2019年04月13日 14時31分 時事通信

1万6500人仮住まい続く=長期避難解消、犠牲273人に-熊本地震14日で3年

阿蘇大橋付近で土砂崩れに巻き込まれて犠牲となった大学生の冥福を祈る女性。奥は新たに建設中の阿蘇大橋=13日午後、熊本県南阿蘇村
阿蘇大橋付近で土砂崩れに巻き込まれて犠牲となった大学生の冥福を祈る女性。
奥は新たに建設中の阿蘇大橋=13日午後、熊本県南阿蘇村

 熊本地震は14日で前震から3年となる。3月末時点で依然1万6519人が仮設住宅などで生活。
県や各自治体は災害公営住宅の2020年春までの建設完了と仮住まい解消を目指している。

 応急仮設住宅や民間住宅を借り上げたみなし仮設住宅など、仮住まいの被災者は最大時4万7800人いたが約3分の1に。
災害公営住宅は12市町村で1717戸が計画され1507戸が着工したが、完成は496戸にとどまっている。

 圧死など地震の直接死は50人。
避難生活による病気悪化など関連死や二次災害による死亡を合わせた犠牲者数は、この1年で6人増え273人となった。

 危険状態が続いているとして居住が認められなかった483の長期避難世帯(1232人)は、2017年10月の南阿蘇村に続き18年11月に御船町、19年2月には宇土市で認定が解除され、解消された。

 インフラ面では、国道57号や南阿蘇鉄道で一部不通が続く。
熊本と大分を結ぶJR豊肥線も肥後大津(大津町)-阿蘇(阿蘇市)間で運休しているが、国土交通省が12日、20年度中にも全面再開させると発表した。
崩落した阿蘇大橋の復旧も同年度中に完了する見通し。 【時事通信社】

時事通信

信金

m1

m2

GS

店2

気温2

花52

芭蕉俳句: 松風や軒をめぐって秋暮れぬ  (まつかぜや のきをめぐって あきくれぬ)

時代背景&解説 :元禄7年9月26日の作、51歳。
茶屋四郎左衛門の求めに応じて作ったといわれている。
  茶屋四郎左衛門の求めに応じたというのだから、多少の儀礼を含んだ迎合的な意味もあったのであろうが、句は沈んだ寂寥感を漂わせている。
「この道や行く人なしに秋の暮」
「この秋は何で年寄る雲に鳥」は、同日の作品。


茶屋四郎次郎・・・徳川家康と親しかった、京都三大富豪の一人

店2

店

バス停

m3

m4

GS2

店3

路




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。