FC2ブログ

「Final countdown 2019③?!:ファイナルカウントダウン2019③?!」

メールマガジン考察
04 /26 2019
駅前

気温

今日は何の日 4月26日

海上自衛隊の日(4月26日 記念日)

海上自衛隊が2013年(平成25年)に制定。
1952年(昭和27年)のこの日、海上自衛隊の前身である海上警備隊が創設された。
この日は海上自衛隊の歴史と伝統を考える日である。
記念日に合わせて各基地において自衛艦を信号旗などで飾り立てる「満艦飾」(一部、艦飾)が行われる。
華やかに着飾った自衛艦の晴れ姿を見ることができる。

11月1日は「自衛隊記念日」となっている。

海上自衛隊について

海上自衛隊(Japan Maritime Self-Defense Force:JMSDF)は、日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織。
また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。
略称は「海自(かいじ)」で、上記の英語公称のほか、無線で呼びかける際には「Japan Navy」(日本海軍の意)を名乗ることもある。
他国からは海軍とみなされている。
日本の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し日本を防衛することを主たる任務とする。
必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる。
日本の領海や排他的経済水域(接続水域を含む)などにおいて平素から警戒監視、情報収集、各種訓練を行い、有事において海上交通の安全確保(シーレーン防衛)や周辺海域の防衛に対応する。
シーレーンとは、一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のことである。
平時における警察活動は沿岸警備隊である海上保安庁が担当している。
海上自衛隊の人員は、海上警備隊の定員が約6,000名であったのに対し、逐次増員され、2017年(平成29年)時点で定員45,364名、充足率92.9%となっている。


看板

( ノ゚Д゚)おはようございます、春を飛び越えて、いきなり梅雨時を思わせる小雨模様の朝の連続ですね。
今日の記念日、「海上自衛隊の日(4月26日 記念日)」の「必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる。 」Σ(゚д゚|||)の一文が、妙に気に為ります。
私見ですが、最近の日本全体に「公共の秩序」が、一番欠けていると思います。
そうなると毎日、日本中で各「自衛隊」に活躍してもらわないと・・・・「頑張れ自衛隊」(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

橋

④26

華

m1

m2

GS

道

今日の気に為る話題は此方です。

ビル・ゲイツが考える
「未来を発明する方法」⑤~⑩


MITテクノロジーレビューは、「ブレークスルー・テクノロジー10」として毎年、世界を変える10のテクノロジーを紹介している。
2019年は初のゲスト・キュレーターとしてビル・ゲイツ氏をお迎えし、世界をより良い方向へ導く発明リストを選んでもらった。

MITテクノロジーレビューから、「ブレークスルー・テクノロジー10」における初めてのゲスト・キューレーターの依頼を受け、大変光栄に感じた。
しかし、リストを絞りこむのには、ずいぶん悩んだ。
2019年に脚光を浴びるだけでなく、テクノロジーの歴史における布石となるようなものを選びたいと思ったからだ。
それがきっかけとなって、イノベーションというものがこれまでどのように進化してきたかについて考えてみた。

あらゆるものの中から、最初に思い浮かんだのは「鋤(すき)」だ。
鋤はイノベーションの歴史を見事に体現している。
人類は、メソポタミア文明時代に農民が先を尖らせた棒で土を耕していた紀元前4000年頃から、ずっと鋤を使い続けている。
それ以来、人々は鋤を少しずついじりながら改良していき、現在の鋤は驚くべき技術革新の成果となっている。

では、鋤の目的とは一体何なのだろうか?

ビル・ゲイツ氏による紹介文を読む

導入エッセイと合わせて、ギデオン・リッチフィールド編集長によるビル・ゲイツ氏へのインタビュー記事をお楽しみください。
以下は、ゲイツ氏が選んだブレークスルー・テクノロジー10です。

牛のいらないハンバーガー
BRUCE PETERSON/STYLING: MONICA MARIANO
b2

実験室で作られた培養肉であろうが植物由来であろうが、代替肉は環境を破壊することなく、本物の食肉に近い味と栄養価を提供する。
牛のいらないハンバーガー

なぜ重要か
畜産は、壊滅的な森林減少や水質汚染、温室効果ガス排出を引き起こす。
キー・プレーヤー
ビヨンド・ミート(Beyond Meat)、インポシブル・フーズ(Impossible Foods)
実現時期
植物ベースの代替肉は実現済み。培養肉は2020年頃。

国連の予想では、2050年までに世界の人口は98億人になるという。
その頃には、人々はさらに豊かになっているだろう。
気候変動にとっては良くない兆候だ。
人間は貧困から脱却すると、より多くの肉を食べる傾向があるからだ。

国連の予想によれば、食肉消費量は2050年までに2005年比で70%増加するという。
つまり、人間の食肉消費のために動物を飼育することが、環境に最も悪影響を与えるのだ。

動物からタンパク源を摂取する場合、西洋の工業化された畜産方法で450グラムの食肉タンパク質を作るには、植物性タンパク質と比べて、4~25倍の水と6~17倍の土地、6~20倍の化石燃料が必要になる。

問題は、人間は簡単には肉を食べるのを止めそうにないことだ。
つまり、培養肉や植物ベースの代替肉が、環境破壊を抑えるための最善の方法なのかもしれない。

培養肉とは、動物から筋肉組織を取り出しバイオリアクターで培養したものだ。
研究者は味の向上に取り組んでいるが、最終製品の味は、動物の食肉と極めて似ている。
培養肉を大規模に生産しようとしているオランダのマーストリヒト大学の研究者は、2020年までに培養肉のハンバーガーを市場に投入できると考えている。
培養肉の欠点は、環境面の利点が小さいことだ。

最近の世界経済フォーラムの報告によれば、培養肉の温室効果ガス排出量は、牛肉の生産による排出量より7%少ないだけだという。

ビル・ゲイツが出資しているビヨンド・ミート(Beyond Meat)やインポシブル・フーズ(Impossible Foods)などが作る植物由来の代替肉は、もっと環境に優しいかもしれない。
これらの代替肉は、ピープロテイン(エンドウ豆由来プロテイン)や大豆、小麦、じゃがいも、植物油を使って食感や味を模倣している。
ビヨンド・ミートは、カリフォルニア州に2400平方メートルの新工場を持ち、すでに3万もの店舗やレストランを通して2500万個以上のハンバーガーを販売している。
ミシガン大学のサステナブル・システム・センター(Center for Sustainable Systems)の分析によれば、ビヨンド・ミートのパテを作ることで排出される温室効果ガスは、牛から作られた従来のハンバーガーよりもおそらく90%少ないという。

(マーカス・ロヴィート)

二酸化炭素回収装置
NICO ORTEGA
b3

大気中から二酸化炭素を回収するための効果的で手頃な方法は、過剰な温室効果ガス排出量の吸収だ。
二酸化炭素回収装置

なぜ重要か
大気からの二酸化炭素回収は、壊滅的な気候変動を食い止める実現可能な最終手段の1つとなる可能性がある。
キー・プレーヤー
カーボン・エンジニアリング(Carbon Engineering)、クライムワークス(Climeworks)、グローバル・サーモスタット(Global Thermostat)
実現時期
5~10年

二酸化炭素排出量を減らしても、温室効果ガスの温暖化効果は数千年も続く可能性がある。
国連の気候パネルは、危険な気温上昇を防ぐために、今世紀中に世界中の大気から1兆トンもの二酸化炭素を除去するべきだと結論づけている。

2018年夏に発表されたハーバード大学の気候科学者デビッド・キース教授による驚くべき試算によれば、「大気回収(direct air capture)」という方法を用いれば、理論的には1トン当たり100ドル以下のコストで二酸化炭素を回収できるという。
多くの科学者が高すぎると手を引いた以前の試算と比較すると、この金額はかなり水準が低い。
ただし、キース教授の試算レベルまでコストが下がるには、あと何年もかかるだろう。

一方で、二酸化炭素を回収したら、それをどうするのかも考えなければならない。
キース教授が2009年に設立し、ビル・ゲイツも出資しているカナダのスタートアップ企業カーボン・エンジニアリング(Carbon Engineering)は、試験プラントを拡大して、回収した二酸化炭素を主原料とする合成燃料の生産を増やす計画を立てている 。

チューリッヒに本拠を置くクライムワークス(Climeworks)の大気回収プラント(イタリア)では回収した二酸化炭素と水素からメタンを製造し、第2プラント(スイス)では二酸化炭素を清涼飲料業界に販売する予定だ。
2018年、アラバマ州で最初の商用プラントの建設を終えたニューヨークのグローバル・サーモスタット(Global Thermostat)も同様だ。

それでも、回収された二酸化炭素が合成燃料やナトリウム化合物に変わる場合、大部分は大気中に戻ってしまうだろう。
最終目標は、温室効果ガスを永遠に閉じ込めることだ。

一部の二酸化炭素は、炭素繊維やポリマー、あるいはコンクリートなどの製品の中に閉じ込められるかもしれないが、それらよりはるかに大量の二酸化炭素をただ単に地下に埋める必要がある。

実際、工学的な観点からいえば、二酸化炭素の大気回収は、気候変動問題の対処法としては、極めて困難で高価な方法の1つだ。
だが、排出量の削減度合いが遅いこと考えれば、大気回収以外に良い選択肢は残っていない。

(ジェームズ・テンプル)

手首に装着する心電計
BRUCE PETERSON
b5

規制当局による承認や技術の進歩により、ウェアラブル機器を用いた継続的な心臓の監視が容易になってきた。
活動量計(フィットネス・トラッカー)は、本格的な医療機器ではない。
激しい運動をしたり、バンドが緩んでいたりすると、正確な脈拍数を図れないことがある。
だが、患者が脳卒中や心臓発作を起こす前の異常を診断する心電図をとるには、診療所に出向く必要があり、間に合わない場合が多い。

新しい規制に加え、ハードウェアとソフトウェアの技術革新によって実現した心電図対応のスマート・ウォッチは、医療機器の精度に近い機能を持ち、ウェアラブル機器の利便性を兼ね備えている。

2017年、シリコンバレーのスタートアップ企業アライブコア(AliveCor)のアップル・ウォッチ対応バンドが、2017年米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けた。
このバンドを用いれば、血栓や脳卒中の主な原因である心房細動を検出できる。
2018年には心電計機能を搭載したアップル・ウォッチもFDAの認可を受け、リリースされている。

その後まもなく、医療機器会社ウィジングズ(Withings)が、心電計を備えた活動量計の計画を発表した。

現在のウェアラブル機器には、センサーが1つしか搭載されていないが、本物の心電計には12個のセンサーがある。ウェアラブル機器ではまだ心臓発作を探知できていないが、これはすぐに変わるかもしれない。

2018年秋、アライブコアは、特定の種類の心臓発作を検出できるアプリと、2つのセンサーを搭載したシステムについて米国心臓協会に暫定的な試験結果を示した。

(カレン・ハオ)

下水管のいらないトイレ
THEDMAN | GETTY
b1

エネルギー効率の高いトイレは、下水道設備なしでも動作し、その場で廃棄物を処理できる。
下水管のいらないトイレ

・なぜ重要か
23億人が、安全な衛生設備を持たず、結果として多くの人が死んでいる。
・キー・プレーヤー
デューク大学、サウスフロリダ大学、サウスフロリダ大学、バイオマス・コントロール(Biomass Controls)、カリフォルニア工科大学・
実現時期
1~2年

世界で約23億人の人々が、安全な衛生設備のない生活を送っている。
適切なトイレのない住民は、近くの池や小川に糞便を流し、下痢やコレラの原因となるバクテリアやウイルス、寄生虫をまき散らしている。
世界中の子どもたちの死亡原因は、9人に1人が下痢である。

現在、研究者たちは、発展途上国でも導入できる安価なコストで、排泄物の廃棄だけでなく、処理もできる新しい種類のトイレの開発に取り組んでいる。

2011年、ビル・ゲイツは、公衆衛生の分野における「Xプライズ」(民間企業を対象にした優勝賞金2000万ドルの月面探査コンテスト)とも言える、「トイレ再発明チャレンジ(Reinvent the Toilet Challenge)」を立ち上げた。
コンテストの開始以来、いくつかのチームが試作品を発表している。
こうした試作品はすべて、排泄物をすべてその場で処理するので、離れた処理施設まで運ぶ大量の水も必要ない。

試作品のほとんどは自己完結型で下水管を必要としないが、小さな建物か収納コンテナに設置された従来型トイレのような形をしている。
サウスフロリダ大学が開発したニュージェネレーター(NEWgenerator)トイレは、バクテリアやウイルスよりも小さな細孔のある嫌気性膜を用いて汚物を取り除く。
コネチカットに拠点を置くバイオマス・コントロールズ(Biomass Controls)のプロジェクトでは、海上輸送で使用するコンテナサイズの精製装置を開発している。
この装置は、排泄物を加熱して、特に肥料として使用可能な炭素に富んだ物質を作り出す。

これらのトイレの欠点は、使える規模がある程度決まっているということだ。
たとえば、バイオマス・コントロールズのトイレは、主として1日に数万人の使用を想定して設計されているため、小さな村にはあまり適さない。
デューク大学で開発された別のシステムは、近所同士のような少数の住宅で使用されることを意図している。

したがって、現在の課題は、これらのトイレを、より安価で、さまざまな規模のコミュニティにより適応できるものにすることだ。
サウスフロリダ大学でニュージェネレーター・トイレの開発チームを率いたダニエル・イエ准教授は、「1つでも2つでも、ユニットを作るのは素晴らしいことです。
しかし、このテクノロジーが本当に世界に影響を与えるための唯一の方法は、ユニットを大量生産することです」。

(エリン・ウィニック)

話し上手なAIアシスタント
BRUCE PETERSON

単語間の意味の関係性を捉える新しい手法は、人工知能(AI)の自然言語の理解能力を向上させている。
話し上手な人工知能アシスタント
b4

なぜ重要か
人工知能アシスタントは、ただ単に単純な命令に従うだけでなく、レストランの予約や、配送の調整など、会話に基づくタスクをこなせるようになった。
キー・プレーヤー
グーグル、アリババ、アマゾン
実現時期
1~2年

アレクサがリビングで音楽をかけたり、Siri(シリ)がスマホのアラームをセットしたりと、私たちはAIアシスタントに囲まれている。
だが、AIはまだ喧伝されているほどのスマートさを示してはいない。
AIアシスタントは私たちの生活をシンプルにしてくれるはずだったのに、ほとんど進歩していないのが実情だ。
狭い範囲の命令しか認識できず、ほんの少し変わったことを言うとわからなくなってしまう。

だが、最近の進歩によって、デジタル・アシスタントが理解できる範囲が広がろうとしている。
2018年6月、オープンAI(OpenAI)の研究者が、人間の手ですべてのデータの分類やタグ付けをする費用や時間を削減するため、ラベルなしテキスト・データを用いてAIを訓練する手法を開発した。
数カ月後、グーグルのあるチームが、数百万の文章を研究することで欠けている単語を予測する方法を学んだ「バート(BERT)」というシステムを発表した。
多肢選択式テストでのバートの成績は、人間と同等のレベルだった。

このような改善や音声合成により、ただ単に命令を与えるだけでなく、AIアシスタントと会話できるようになってきている。
将来的には、会議の議事録作りや、情報検索、オンラインでの買い物など、日常の細かい点に対処できるようになるだろう。

一部はすでに実現している。
グーグル・アシスタントのアップグレード版である、人間のようで不気味なグーグル・デュープレックス(Google Duplex)は、電話に応答して、迷惑メールを送りつける業者や勧誘電話を選別できる。
また、レストランやサロンに電話をかけ予約もできる。

中国では、消費者の間でアリババ(Alibaba)の阿里小蜜(AliMe)が浸透してきている。
阿里小蜜は、電話で商品の配達を調整したり、チャットで商品の価格交渉をしたりする。

AIプログラムは、人が何を欲しがっているか分かるようになってきてはいるが、会話を理解することはできない。AIが発する言葉には原稿があるか、あるいは統計的に生成されており、機械が本物の言語理解能力を身につけることがいかに難しいかを反映している。
そのハードルを越えられれば、まだ別の展開に出くわすだろう。
恐らく、物流コーディネーターから、ベビーシッターや先生、友人にいたるまでだ。

(カレン・ハオ)

華2

気温2

濵信

以下原文を追記します。

The cow-free burger
b2

Bruce Peterson/Styling: Monica Mariano
The cow-free burger
Why it matters
Livestock production causes catastrophic deforestation, water pollution, and greenhouse-gas emissions
Key players
Beyond Meat
Impossible Foods
Availability
Plant-based now; lab-grown around 2020
Both lab-grown and plant-based alternatives approximate the taste and nutritional value of real meat without the environmental devastation.
The UN expects the world to have 9.8 billion people by 2050. And those people are getting richer. Neither trend bodes well for climate change—especially because as people escape poverty, they tend to eat more meat.
By that date, according to the predictions, humans will consume 70% more meat than they did in 2005. And it turns out that raising animals for human consumption is among the worst things we do to the environment.
Depending on the animal, producing a pound of meat protein with Western industrialized methods requires 4 to 25 times more water, 6 to 17 times more land, and 6 to 20 times more fossil fuels than producing a pound of plant protein.
The problem is that people aren’t likely to stop eating meat anytime soon. Which means lab-grown and plant-based alternatives might be the best way to limit the destruction.
Making lab-grown meat involves extracting muscle tissue from animals and growing it in bioreactors. The end product looks much like what you’d get from an animal, although researchers are still working on the taste. Researchers at Maastricht University in the Netherlands, who are working to produce lab-grown meat at scale, believe they'll have a lab-grown burger available by next year. One drawback of lab-grown meat is that the environmental benefits are still sketchy at best—a recent World Economic Forum report says the emissions from lab-grown meat would be only around 7% less than emissions from beef production.
Related Story

The race to make a lab-grown steak
Meat production spews tons of greenhouse gas and uses up too much land and water. Is there an alternative that won’t make us do without?


The better environmental case can be made for plant-based meats from companies like Beyond Meat and Impossible Foods (Bill Gates is an investor in both companies), which use pea proteins, soy, wheat, potatoes, and plant oils to mimic the texture and taste of animal meat.
Beyond Meat has a new 26,000-square-foot (2,400-square-meter) plant in California and has already sold upwards of 25 million burgers from 30,000 stores and restaurants. According to an analysis by the Center for Sustainable Systems at the University of Michigan, a Beyond Meat patty would probably generate 90% less in greenhouse-gas emissions than a conventional burger made from a cow. —Markkus Rovito


Nico Ortega

Carbon dioxide catcher
Why it matters
Removing CO2 from the atmosphere might be one of the last viable ways to stop catastrophic climate change
Key players
Carbon Engineering
Climeworks
Global Thermostat
Availability
5-10 years

Carbon dioxide catcher
b3

Practical and affordable ways to capture carbon dioxide from the air can soak up excess greenhouse-gas emissions.
Even if we slow carbon dioxide emissions, the warming effect of the greenhouse gas can persist for thousands of years. To prevent a dangerous rise in temperatures, the UN’s climate panel now concludes, the world will need to remove as much as 1 trillion tons of carbon dioxide from the atmosphere this century.
In a surprise finding last summer, Harvard climate scientist David Keith calculated that machines could, in theory, pull this off for less than $100 a ton, through an approach known as direct air capture. That’s an order of magnitude cheaper than earlier estimates that led many scientists to dismiss the technology as far too expensive—though it will still take years for costs to fall to anywhere near that level.
But once you capture the carbon, you still need to figure out what to do with it.
Carbon Engineering, the Canadian startup Keith cofounded in 2009, plans to expand its pilot plant to ramp up production of its synthetic fuels, using the captured carbon dioxide as a key ingredient. (Bill Gates is an investor in Carbon Engineering.)
Zurich-based Climeworks’s direct air capture plant in Italy will produce methane from captured carbon dioxide and hydrogen, while a second plant in Switzerland will sell carbon dioxide to the soft-drinks industry. So will Global Thermostat of New York, which finished constructing its first commercial plant in Alabama last year.
Related Story

One man’s two-decade quest to suck greenhouse gas out of the sky
Klaus Lackner’s once wacky idea increasingly looks like an essential part of solving climate change.

Still, if it’s used in synthetic fuels or sodas, the carbon dioxide will mostly end up back in the atmosphere. The ultimate goal is to lock greenhouse gases away forever. Some could be nested within products like carbon fiber, polymers, or concrete, but far more will simply need to be buried underground, a costly job that no business model seems likely to support.
In fact, pulling CO2 out of the air is, from an engineering perspective, one of the most difficult and expensive ways of dealing with climate change. But given how slowly we’re reducing emissions, there are no good options left. —James Temple


Bruce Peterson


An ECG on your wrist
b5

Regulatory approval and technological advances are making it easier for people to continuously monitor their hearts with wearable devices.
Fitness trackers aren’t serious medical devices. An intense workout or loose band can mess with the sensors that read your pulse. But an electrocardiogram—the kind doctors use to diagnose abnormalities before they cause a stroke or heart attack— requires a visit to a clinic, and people often fail to take the test in time.
ECG-enabled smart watches, made possible by new regulations and innovations in hardware and software, offer the convenience of a wearable device with something closer to the precision of a medical one.
An Apple Watch–compatible band from Silicon Valley startup AliveCor that can detect atrial fibrillation, a frequent cause of blood clots and stroke, received clearance from the FDA in 2017. Last year, Apple released its own FDA-cleared ECG feature, embedded in the watch itself.
Related Story

Wristwatch heart monitors might save your life—and change medicine, too
Making complex heart tests available at the push of a button has far-reaching consequences.

The health-device company Withings also announced plans for an ECG-equipped watch shortly after.
Current wearables still employ only a single sensor, whereas a real ECG has 12. And no wearable can yet detect a heart attack as it’s happening.
But this might change soon. Last fall, AliveCor presented preliminary results to the American Heart Association on an app and two-­sensor system that can detect a certain type of heart attack. —Karen Hao


TheDman | Getty
Sanitation without sewers
Why it matters
2.3 billion people lack safe sanitation, and many die as a result
Key players
Duke University
University of South Florida
Biomass Controls
California Institute of Technology
Availability
1-2 years


Sanitation without sewers
b1

Energy-efficient toilets can operate without a sewer system and treat waste on the spot.
About 2.3 billion people don’t have good sanitation. The lack of proper toilets encourages people to dump fecal matter into nearby ponds and streams, spreading bacteria, viruses, and parasites that can cause diarrhea and cholera. Diarrhea causes one in nine child deaths worldwide.
Now researchers are working to build a new kind of toilet that’s cheap enough for the developing world and can not only dispose of waste but treat it as well.
In 2011 Bill Gates created what was essentially the X Prize in this area—the Reinvent the Toilet Challenge. Since the contest’s launch, several teams have put prototypes in the field. All process the waste locally, so there’s no need for large amounts of water to carry it to a distant treatment plant.
Most of the prototypes are self-contained and don’t need sewers, but they look like traditional toilets housed in small buildings or storage containers. The NEWgenerator toilet, designed at the University of South Florida, filters out pollutants with an anaerobic membrane, which has pores smaller than bacteria and viruses. Another project, from Connecticut-based Biomass Controls, is a refinery the size of a shipping container; it heats the waste to produce a carbon-rich material that can, among other things, fertilize soil.

One drawback is that the toilets don’t work at every scale. The Biomass Controls product, for example, is designed primarily for tens of thousands of users per day, which makes it less well suited for smaller villages. Another system, developed at Duke University, is meant to be used only by a few nearby homes.
So the challenge now is to make these toilets cheaper and more adaptable to communities of different sizes. “It’s great to build one or two units,” says Daniel Yeh, an associate professor at the University of South Florida, who led the NEWgenerator team. “But to really have the technology impact the world, the only way to do that is mass-produce the units.” —Erin Winick

Bruce Peterson
Smooth-talking AI assistants
Why it matters
AI assistants can now perform conversation-based tasks like booking a restaurant reservation or coordinating a package drop-off rather than just obey simple commands
Key players
Google
Alibaba
Amazon
Availability
1-2 years


Smooth-talking AI assistants
b4

New techniques that capture semantic relationships between words are making machines better at understanding natural language.
We’re used to AI assistants—Alexa playing music in the living room, Siri setting alarms on your phone—but they haven’t really lived up to their alleged smarts. They were supposed to have simplified our lives, but they’ve barely made a dent. They recognize only a narrow range of directives and are easily tripped up by deviations.
But some recent advances are about to expand your digital assistant’s repertoire. In June 2018, researchers at OpenAI developed a technique that trains an AI on unlabeled text to avoid the expense and time of categorizing and tagging all the data manually. A few months later, a team at Google unveiled a system called BERT that learned how to predict missing words by studying millions of sentences. In a multiple-choice test, it did as well as humans at filling in gaps.
These improvements, coupled with better speech synthesis, are letting us move from giving AI assistants simple commands to having conversations with them. They’ll be able to deal with daily minutiae like taking meeting notes, finding information, or shopping online.
Some are already here. Google Duplex, the eerily human-like upgrade of Google Assistant, can pick up your calls to screen for spammers and telemarketers. It can also make calls for you to schedule restaurant reservations or salon appointments.
In China, consumers are getting used to Alibaba’s AliMe, which coordinates package deliveries over the phone and haggles about the price of goods over chat.
But while AI programs have gotten better at figuring out what you want, they still can’t understand a sentence. Lines are scripted or generated statistically, reflecting how hard it is to imbue machines with true language understanding. Once we cross that hurdle, we’ll see yet another evolution, perhaps from logistics coordinator to babysitter, teacher—or even friend? —Karen Hao

華3

m3

m4

GS2

駅前3

夜道

芭蕉俳句 : うき我をさびしがらせよかんこ鳥 (うきわれを さびしがらせよ かんこどり)

時代背景&解説 : 嵯峨日記(4月22日) 
初案は、「憂き我をさびしがらせよ秋の寺」だった。
これも、「秋の寺」から「閑古鳥」と変えることで秋から夏に季題が移っている。
句もまた鮮明になっているのがすばらしい。
ところで、この寺は、三重県長島町の大智院。
『奥の細道』の旅を大垣で終え、伊勢神社遷宮に向かう途次、そこでこの句を詠んだ。


SSD

SSD2

帰宅後、SSDのセキュア・イレースを確認しましたが、・・・・・・・。
念の為に、最初からやり直してHDD2へセットし直し、就寝前に作業して朝確認しても・・・・・・。
果たして、表示結果をそのまま鵜呑みにしても、好いモノだろうか?!

SSD3

SSD4

疑心暗鬼のままでは作業終了できないと、隠し球的な240GBのSSDをセットしてみると・・・・・。
まだ作業前なのに、100%って・・・・・・・。
このまま此のSSDを、ノートパソコン向けでクローンに使用して好いモノだろうか?!
普通は作業を進めていくと、安心感が増すのに、疑問だけが増え続けるとはΣ(ω |||)或る意味驚きです?!

SSD5

駅前2

駅前4



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。