FC2ブログ

「22 Century Hill . :22世紀の丘」

男の休日
05 /03 2019
路

気温

今日は何の日

憲法記念日(5月3日 国民の祝日)
「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨として設けられた、国民の祝日の一つ。
ゴールデンウィークを構成する日の一つでもある。

1947年(昭和22年)のこの日に「日本国憲法」が施行したことを記念して、翌1948年(昭和23年)に公布・施行の「国民の祝日に関する法律」(祝日法)によって記念日が制定された。
連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(1880~1964年)の指令で草案が起草された日本国憲法は、1946年(昭和21年)11月3日に公布され、半年の準備期間を経て翌1947年(昭和22年)5月3日に施行された。
公布日の11月3日は、日本国憲法が平和と文化を重視していることから「文化の日」に制定され、国民の祝日となっている。
日本国憲法は、前文と11章103条の本文で構成され、「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の3つを基本理念としている。「国民主権」は、国を治める主権は国民にあるとする思想。
「基本的人権の尊重」は、人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利は永久に保障されるという思想。
「平和主義」は、戦争の放棄、戦力の不保持、軍備及び交戦権の否認、つまり外国と争いが起きても平和的に解決するという思想。
日本国憲法は施行されてから現在まで一度も改正されていない。
そのため、日本国憲法の原本は歴史的仮名遣であり、漢字表記は当用漢字以前の旧字体が使われている。
改正されていない憲法としては世界最古の現行憲法である。
近年、戦争の放棄、戦力の不保持を掲げる憲法第9条の改正案について活発な議論が行われている。

橋

( ノ゚Д゚)おはようございます、あれ程待ち遠しかったGW10連休も、あっという間に半分以上経過。
今日は花曇りの朝、例年通りの「浜松祭り」の三日間で、一日は雨が降りそうな空模様ですね。
磐田市豊田町の「熊野の長藤まつり」、例年通り混雑しているのだろうか?!
ようやく連休らしく、朝から以前にソニーブルーレイレコダーに録画した「ガンダム誕生秘話」を、視聴しながらのブログ更新です。

路2

503

花

m1

m2

GS

今日の気に為る話題は此方です。

音で運動の「やる気」にスイッチ ジョギングやヨガに合うビート数も
5/2(木) 10:30配信 京都新聞
音で運動の「やる気」にスイッチ ジョギングやヨガに合うビート数も

 健康で長生きするためには適度な運動がいい。
だけど、分かっていてもどうしてもおっくう-。
そんな人は多いはず。
ではやる気を奮い起こすために「音」を使えないか。
大学の研究現場を訪ねた。

運動を音楽に返還
 「ティララララ、リラリラ」。
キーボードの電子音がパソコンのスピーカーから響く。
腕に力を入れると音が高くなり、力を抜くと音が低くなって鳴りやむ。
速さも変わる。
いいメロディーを奏でようと、むきになってしまう自分がいた。
 立命館大びわこ・くさつキャンパス(草津市)内にある理工学部の研究棟で体験させてもらった。
腕に小型の筋電センサーを着け、筋肉の発揮力に応じてパソコンソフトで音に変換する仕組みだ。
生体工学が専門の岡田志麻准教授は「スポーツに楽しさはあるが、そこに到達できない人には芸術や音楽のエッセンスがあると運動が楽しいかなと思って」と研究の動機を語る。
 スポーツ庁の調査で成人の週1日以上のスポーツ実施率は2017年度で51・5%。
目標とする65%には届いていない。
同大学は運動の生活カルチャー化を目指す国の事業拠点の一つとして、着るだけで心拍数や発汗などを測れるスマートウエアの開発を進める。
さらなる運動の習慣化を図るため、岡田准教授らが見据えるのはデータの可視化の先にある可聴化だ。
「運動中にデータを見ることは難しい。使う側にとってわかりやすい情報にフィードバックするには音がいい」
 音の調整に関しては作曲家でもある東京芸術大の小川類特任准教授が担当。
運動との組み合わせは順天堂大の研究者が検証する。
例えばスクワット運動。
繰り返すことで童謡「かえるの歌」を奏でるが、重心の位置、筋の発揮力、リズムによって音がずれるため、正しい動作の習得にもつながる。
ランニングやスポーツクライミング、ボッチャでも音変換を応用し国内外のイベントで実演している。
 2年前にプロジェクトを開始した岡田准教授らのグループは、2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて事業化する目標を立てる。
岡田准教授は「ヘルスケアやスポーツメーカーと連携する話がある。
想定したよりも使い道が広がっている」と実感する。

歌詞なし、程よい音量が効果的
 「家事がはかどる音楽」なるものを、昨秋に大手電機メーカーがつくったと聞いた。
制作に当たってアドバイスしたのは、環境音楽家である小松正史・京都精華大教授。
「運動がはかどる音楽もあるのでは」とふと思い、小松教授にサンプル作成をお願いすると、適した4分ほどのオリジナル曲を二つ用意してくれた。
 まずウオーミングアップやジョギングに向く「動的運動」のバージョン。
一定のビートを刻み次第に音が増える。
心地いい和音。爽快感とともに体を動かしたくなる高揚感に包まれる。
一方、クールダウンやヨガに向く「静的運動」はゆったりとしたテンポで滝の音と雅楽の笙(しょう)が溶け合い、電子ピアノが静かに流れる。深呼吸して体をぐーんと伸ばしたくなる気がする。
 秘密はどこにあるのだろう。
小松教授が第一に挙げるのが、1分当たりのビート数(BPM)だ。
「動的」は112。
大人の通常時の心拍数は60~90で、やや激しい運動をした時の心拍数に近いという。
一方「静的」はBPMを78に設定。
安静時の心拍数でリラックスした精神状態に導く。
曲に多少の変化を付けることが運動の持続につながる。
 音色は好みに合わせていいが、「運動という行為を主体に置くなら音楽には集中しすぎない方がベター」とも。
つまり歌詞がなく、程よい音量にして、音の高さは赤ちゃんの激しい鳴き声などと同じ3千~4千ヘルツの周波数は避ける方が効果的という。
 音を聞き分けることで脳の活性化につながる「耳トレ」を提唱する小松教授。
音によって位置の把握ができる原理を応用し、おもしろい仮説を立てる。
「スポーツは動体視力が大事だが、聴覚も鍛えることで認知力を格段に底上げできる。
野球の打者なら、選球が良くなるかもしれません」

京都新聞


花2

気温2

ボーリング

公園

久しぶりに実際3カ月ぶりぐらいで、近所に寄ったので、「22世紀の丘公園」へ愛車のハンドルを切ってみました。
22世紀の丘公園

公園2

広場

広場2

奥の駐車場へ自家用車を走らすと、物凄い(。Д゚; 三 ;゚Д゚)自動車の数。
何かのイベントなのか、午後とは云え「22世紀の丘公園」広場周辺は、物凄い人だかり。
空きスペースは、2~4人用の小型テントで埋め尽くされていました。
まるで何処かのアウトドア・イベント会場みたいで、早々と立ち去りました。

公園4

芭蕉俳句 : 西行の庵もあらん花の庭  (さいぎょうの いおりもあらん はなのにわ)

貞亨元年(41歳頃)頃から死の元禄7年(51歳)までの間。
一説には元禄6年とするが、大いに疑問。
この春は、芭蕉は桃印の病気看病に追われていて他家を訪問しているゆとりがあったとは思えない。
露沾との交流は『笈の小文』の前後の時代であった。
 なお、この時期の制作年次不明のものとして、58句がある。
この広いお屋敷の庭には今をときめく無数の桜の花が咲いている。
その見事さは吉野の山を思い出させる。
この分ではこの奥に西行の庵もあるのではないか?
露沾亭の庭を誉めることで挨拶吟とした。
すこし、ヨイショが過ぎていやらしい。
露沾公にて (泊船集)


花3

m3

m4

GS3

公園5

ボーリング2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を冷静に振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で雑記&日記、お気軽にお寄り下さい。