FC2ブログ

「Wuthering Heights.:嵐が丘。」

日々徒然
05 /30 2019
路

FP

気温

今日は何の日 5月30日

オーガナイズの日(5月30日 記念日)

大阪府大阪市中央区に事務教を置く一般社団法人・日本ライフオーガナイザー協会(Japan Association of Life Organizers:JALO)が制定。
オーガナイズ(organize)とは、「組織すること、企画・催しなどを計画すること」という意味であるが、アメリカでは以前から「住居・生活・仕事・人生などのあらゆるコト、モノを効果的に準備・計画・整理すること」という意味で使われている。
日付は「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」と読む語呂合わせと、一年で最も片付けや整理に適した季節であることから。
片付けや整理、収納が楽になる仕組みづくりである「ライフオーガナイズ」を普及させることが目的。
記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

アメリカでは思考と空間の整理のプロである「プロフェッショナル・オーガナイザー」という職業が一般的に認知されている。
日本ライフオーガナイザー協会ではこの日本版の職業として、「ライフオーガナイザー」の資格認定を行っている。
ライフオーガナイザーの手掛ける分野は、住居・オフィスなどの空間だけではなく、暮らしや人生、時間から金融資産まで多岐にわたる。
モノや情報が氾濫している現代社会において、これらを効率よく整理することで心地よい暮らしを応援してくれる。

FP4

( ノ゚Д゚)おはようございます、一見平穏で秩序ある社会自体が、何らかの普段の社会からは「見えざる問題」を抱えている事を忘れない様に、活きていきたいです。

今ネットで言われている「無敵の人」ですが、余りにも豊かになり過ぎた日本社会の余波というか、社会問題の逆回転現象と云うか、・・・・・浅薄で矮小な知識かもしれませんが、老婆心から私達が子供の頃に聞いた、「えた・ひにん(穢多・非人)」の話が、一番近いみたいにも思います。
えた・ひにん(穢多・非人)とは?特徴や有名人、現在の生活

5 30

店

m1

m2

GS

店2

今日の気に為る話題は此方です。

フィアットのルノー統合案「事実上の買収」-仏PSAタバレスCEO

Ania Nussbaum 2019/05/30 00:11

(ブルームバーグ): フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)による仏ルノーとの統合案は、仏グループPSAから批判を浴びている。
PSAは今回の統合計画で袖にされた格好となっており、投資家や政府が計画を支持しているのと対照的だ。
  「プジョー」と「シトロエン」ブランドを展開するPSAのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は同社幹部に27日送付したメモで、今回の提案に対するリスクを強調した。
ルノーが選ばれたのはカルロス・ ゴーン前会長の事件後、日産自動車とのアライアンスに問題が生じ、ルノーの企業価値が落ち込んだことが主な理由だと、メモで指摘。
PSAは今年に入って、フィアットと提携の可能性について協議していた。

1
© Bloomberg Future of Automobiles 'Tomorrow in Motion' Day at Paris Motor Show

カルロス・タバレスCEO
  同メモでは、「フィアット・クライスラーが提案した取引は極めて日和見主義的で、主に同社の利益となるもののように思われる」と記述。
「ルノーにとって、これは日産と協議中の資産かもしれないが、アライアンスの弱体化、もしくは事業縮小につながる可能性もある」と記した。
  PSAの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Peugeot Chief Sees Fiat Deal as ‘Virtual Takeover’ of Renault(抜粋)
deals
Peugeot Chief Sees Fiat Deal as ‘Virtual Takeover’ of Renault
By Ania Nussbaum
2019年5月29日 19:09 JST

Proposal called ‘opportunistic’ in note to top officials
PSA had earlier held talks with Italian-American carmaker


2
A worker attaches a Renault diamond badge to the front grille of an automobile inside a Renault SA automobile plant. Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

Fiat Chrysler Automobiles NV’s plan to merge with Renault SA drew criticism from the French carmaker left on its own, Groupe PSA, that contrasts with backing for the deal from investors and governments.

In a memo sent to top officials of the Peugeot owner on Monday, CEO Carlos Tavares highlighted risks to the proposal. Renault was chosen mainly because its value was depressed by the troubled alliance with Nissan Motor Co. following the Carlos Ghosn affair, according to the memo. Paris-based PSA held talks with Fiat earlier this year on potential collaboration.

Carlos TavaresPhotographer: Marlene Awaad/Bloomberg
“The transaction proposed by Fiat Chrysler therefore seems particularly opportunistic, largely to its benefit,” the note said, while acknowledging potential for savings. “For Renault, this may be an asset in discussions with Nissan, but it could also weaken the alliance or even lead to an unwinding.”

A spokesman for PSA declined to comment.

For Tavares, Fiat’s decision to pair up with Renault represents a missed opportunity.
Since arriving in 2014, the 60-year-old executive -- a former protege of Ghosn at Renault -- has turned around a struggling PSA by focusing relentlessly on efficiency and scale.
He held talks with Fiat earlier this year to build a new “super platform” before the Italian-American company slipped into the arms of Renault.
Now Tavares may be left with options such as a potential tie-up with Jaguar Land Rover. More than three-quarters of PSA’s revenue comes from Europe, where automakers face a consumer slowdown and a squeeze on profit margins from stricter emission regulations.
At the Geneva car show in March, it looked like Fiat and PSA would pair off. Tavares and his counterpart at Fiat, Mike Manley, spoke publicly about the desire to participate in consolidation.
But Fiat Chairman John Elkann wasn’t convinced.
A deal with PSA would rely on disruptive and politically unpalatable job cuts, while Renault, based in the Paris suburb of Boulogne-Billancourt, offered a more-advanced program for electric cars and greater access to Asia through Nissan.
Renault’s share price has hovered near five-year lows, according to the memo, which -- echoing some analysts -- contends the carmaker’s market value is negative after stripping out its 43% Nissan stake and banking business RCI. “Renault’s current valuation largely explains Fiat’s interest in a merger,” it said, calling the deal a “virtual takeover of Renault by Fiat.”
Relations between Nissan and Renault have been strained since the arrest of alliance leader Ghosn in November.
Recently, Nissan pushed back against a Renault plan to join together under a 50-50 holding company structure. Should the alliance break up, Renault may end up unwinding its Nissan stake “under particularly deteriorated conditions,” the memo said.
The Franco-Italian tie-up bears management and governance risks, along with the possibility of antitrust remedies, according to the note. The transaction will "open a period of fragility for the various actors," it concluded.
— With assistance by Tara Patel

--取材協力:Tara Patel.
記事に関する記者への問い合わせ先:Paris Ania Nussbaum anussbaum5@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Anthony Palazzo apalazzo@bloomberg.net, Jonathan Roeder
For more articles like this, please visit us at bloomberg.com
©2019 Bloomberg L.P.

店3

気温2

FP3

店5

芭蕉俳句: 月花もなくて酒のむ独り哉 (つきはなも なくてさけのむ ひとりかな)
酒飲み居たる人の絵に (阿羅野)

時代背景&解説:元禄2年春。
画賛。
絵の中には「月花」は無かったのであろうから、それはそれで正しいのだが「無い」ものを呼び出すというのは手柄なのである。
この絵の中で独り酒を呑んでいる御仁、月も無ければ桜もないというのに。どんな淋しさを癒そうとて呑んでいるのか。自身の姿を絵の中に置いた詠みぶりである。


店4

m3

m4

GS3

FP2

店6



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。