FC2ブログ

「What's up with everyone getting married? :最近(令和になって)、結婚ラッシュ?!」

家庭菜園
06 /07 2019
店2

気温

華


今日は何の日 6月7日

寸心忌(6月7日 記念日)

明治から昭和前期の哲学者・西田幾多郎(にしだ きたろう)の1945年(昭和20年)の忌日。

「寸心忌(すんしんき)」の名称は、居士号の「寸心」にちなむ。
この日には西田の遺徳を偲び、献花式や記念講演会が開催される。

西田幾多郎について

1870年5月19日(明治3年4月19日)、加賀国河北郡森村(現:石川県かほく市森)に生まれる。
東京帝国大学哲学科選科を卒業。
出身校の金沢・第四高等学校の講師・教授となる。
この頃から物心両面の苦悩のうちに参禅の経験を重ねる。
また、学習院の教授などを務める。
京都帝国大学の助教授・教授となり、倫理学や宗教学を講ずる。
その間の1911年(明治44年)、近代日本哲学の最初の独創的著作となる『善の研究』を発表。
「純粋経験」を唯一の実在としてそれを自己の根本的立場とする。
東洋的精神性の自覚を基礎に、西洋哲学を積極的に摂取し、東西思想の内面的統一を求めて、独特の「西田哲学」を樹立し、田辺元らと京都学派を形成する。
1928年(昭和3年)退官後も活発な著作活動を続け、大正・昭和時代の哲学思想に大きな影響を与える。
1940年(昭和15年)に文化勲章を受章。神奈川県鎌倉市の自宅にて死去。
74歳。
その他の著作に『自覚に於ける直観と反省』『働くものから見るものへ』『哲学の根本問題』などがある。
2002年(平成14年)、出身地のかほく市(旧:宇ノ気町)に、西田の遺徳を顕彰し、哲学の普及・啓発を図ることを目的として「石川県西田幾多郎記念哲学館」が設置された。
哲学館には展示室があり、西田の遺品や原稿、書などが展示されている。



( ノ゚Д゚)おはようございます、此方は「きたろう」さん繋がり、流石のスターも、「リハーサル&打ち合わせ」の方が神妙にして真面目、だからこそイケメンが映えるのですが、全体的に真面目な印象を受けるのはプロ生活のスキルからでしょうか?!
EXILE・AKIRA、リン・チーリンと国際婚!きっかけは舞台共演
此方は、昨日の「山里&蒼井」さんの御結婚報道に続く、お目出度報道です。
AKIRA (ダンサー)
あらためて、おめでとうございます。
そして下の写真ですが、此方も昨日に引き続き、最近運転中によく見かける事象、「ガソリン・給油口」の蓋が締まり切っていないのは、真夏日の気温のせいでしょうか?!

6 7

うっかり

うっかり2

華2

路

店3

m1

m2

GS

家庭菜園

此方は、今年の「家庭菜園」、まだまだ序章ですが、伸び盛りの「バジル」「ナス」「トマト」です。

家庭菜園2

家庭菜園3

家庭菜園5

家庭菜園6

家庭菜園4

店

今日の気に為る話題は此方です。

NY原油先物、米原油在庫が1990年以来の大幅増加

Alex Nussbaum 2019/06/06 06:31

(ブルームバーグ): ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は5日、弱気相場入りし、ロンドンICE先物欧州取引所の北海ブレント先物は一時1バレル=60ドルを割り込んだ。
米原油在庫が膨らんだのが背景。
貿易摩擦で需要が脅かされる中で、供給過剰懸念が強まった。
  WTI先物は一時5.4%を付けた後、4月のピーク時を22%下回る水準で終了した。
ブレント先物は1月以来の安値。
米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計で、先週の石油在庫が合計で約2200万バレル増と、1990年以来の大幅な伸びとなった。
米原油生産も過去最高を更新、輸入も増加した。
  トータス・キャピタル・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、マット・サリー氏は電話インタビューで、「きょう相場が暴落しても不思議ではない」とし、「恐らく貿易問題の打開などでムードが変わるまで、原油は向こう1週間は改善する理由が見当たらない」と指摘した。
  WTI先物7月限は1.80ドル(3.4%)安の1バレル=51.68ドルで終了。
ブレント8月限は同1.34ドル(2.2)%安の60.63ドル。

原題:Oil Sinks Into Bear Market as U.S. Storage Jumps Most Since 1990(抜粋)
--取材協力:James Thornhill、稲島剛史、Grant Smith、Caleb Mutua、Catherine Ngai.
記事に関する記者への問い合わせ先:New York Alex Nussbaum anussbaum1@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:David Marino dmarino4@bloomberg.net, Catherine Traywick
For more articles like this, please visit us at bloomberg.com
©2019 Bloomberg L.P.

economics
Oil Sinks Into Bear Market as U.S. Storage Jumps Most Since 1990
By Alex Nussbaum
2019年6月5日 7:53 JST Updated on 2019年6月6日 4:09 JST
Total petroleum stockpiles rise by 22 million barrels: EIA
Brent falls below $60 a barrel for first time since January

West Texas Intermediate crude entered a bear market and Brent tumbled below $60 after U.S. petroleum inventories ballooned, raising fears of a glut as trade disputes threaten demand.

U.S. crude settled 22 percent lower than its April peak after tumbling as much as 5.4%. Brent sank to the lowest since January. U.S. government data showed America’s total petroleum stockpiles grew by about 22 million barrels last week, the biggest jump in data going back to 1990. U.S. crude production also set a record, while imports climbed.

“I wouldn’t be surprised to see a real meltdown in the prices today,’’ Matt Sallee, a portfolio manager at Tortoise Capital Advisors LLC, said by phone. ‘‘Until something changes the mood, which maybe would be a breakthrough in trade, I don’t see any reason crude is going to improve over the next week.’’
原油価格
U.S. sees biggest stockpile gain in almost 30 yearsDavid Marino
U.S. West Texas Intermediate futures for July fell $1.80, or 3.4%, to settle at $51.68 a barrel on the New York Mercantile Exchange. Brent for August settlement fell $1.34 a barrel, or 2.2%, to settle at $60.63 in New York.

Both grades have reversed after touching yearly highs six weeks ago. A breakdown in trade talks between the U.S. and China and threats of new American tariffs against Mexico have stoked fears about a world economy that’s already showing signs of weakness.
See also: EIA Imports Boom Drives Biggest Stockpile Gain in 30 Years
Still, the price drop has also raised the chances that the Organization of Petroleum Exporting Countries and its partners will extend production curbs past a June deadline. OPEC Secretary-General Mohammad Barkindo told an investment conference in New York Wednesday that the group will take the current “economic bearishness” into account when it meets in coming weeks.

“We could be looking at crude going down and testing some of the support levels" of the January lows, Marshall Steeves, energy markets analyst at Informa Economics in New York, said in an interview. A drop below $50 for WTI could trigger automatic selling programs that would accelerate the decline further, he said.
“It’s the perfect storm, in a way, of increased supply coupled with perceptions of slowing demand growth," Steeves said.

Other oil-market news:
Gasoline futures declined 1.8% to $1.6928 a gallon.
Russia is shipping more oil from its main Baltic and Black Sea ports as the nation tries to lessen the impact of contamination in its key export pipeline to Europe.
Given the rout in crude prices, Saudi Arabia may now need to cut even deeper, according to Helima Croft, chief commodities strategist at RBC Capital Markets.
— With assistance by James Thornhill, Tsuyoshi Inajima, Grant Smith, David Caleb Mutua, and Catherine Ngai

「原油価格」が約6割近く下がっても、突如として謎の「円高」になっても、肝心の日本市場の「ガソリン価格」は微動だにせずΣ(´Д`lll)エエ!!・・・・「東日本大震災」以降の「日本七不思議」の一つですね。

華3

気温2

路2

店5


芭蕉俳句: 月ぞしるべこなたへ入せ旅の宿 (つきぞしるべ こなたへいらせ たびのやど)
(佐夜中山集)

時代背景&解説: 寛文4年作。
芭蕉21歳。
一句は、「明るい月は道標であり道案内だ。さあ旅の方こちらの旅宿へいらっしゃい」といった意味。
謡曲『鞍馬天狗』に、 「奥は鞍馬の山道の、花ぞしるべなる。此方へ入らせ給へや。・・・」とあるを採った。
花を月に、此方を旅の宿に換えただけのもの。
 この時代の俳諧の主流は、貞門風であり未だ談林俳諧には間がある。
そして貞門風は多く謡曲に題材を採ったので芭蕉もその流儀に従っているだけのことである。


m3

m4

GS2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。