FC2ブログ

「Love Song Cruiser in June:6月だから巡恋歌?!」

日々徒然
06 /08 2019
夜道

気温

華


今日は何の日 6月8日

ヴァイキングの日(6月8日 記念日)

793年のこの日、北欧の海賊ヴァイキングの活動が最初に記録に現われた。
剣や斧で武装した彼らがイギリスのリンディスファーン修道院を襲撃し、人々を驚かせたという。
ヴァイキングとは西ヨーロッパ沿海部を侵略した武装船団のことを指すが、もともと海賊・交易・植民を繰り返す略奪経済を生業としていたのではなく、農民であり漁民であった。
貿易・通商を行うことで、東アジア・中東を中心とした異民族・異人種との交流を行い、航海術だけではなく、地理的な知識・工業的な技術・軍事的な技術も周辺のヨーロッパ諸国を凌駕するようになった。
その結果、富を求め近隣諸国を侵略していったとされている。



店6

( ノ゚Д゚)おはようございます、昨日は物凄い豪雨でしたね。
先日約1年ぶりくらいに、自宅から一番近い「ワークマン 浜松和田店」へ行ってきました。
Webで頼んだモノを、店舗受け取りに行ったのですが、少し前の「がっちりマンデー!!」等で見て知ってるつもりだったけど、店舗内は想像以上に商品ラインアップが、豊富(特に作業着のインナー)で驚き(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ました。

店7

6 8

m1

m2

GS4

華3

橋


今日の気に為る話題は此方です。

浜松で女子プロレス開催へ ジャガー横田さん、神取忍さんが地方初対戦
プロレス
多くの方の来場を期待する、鈴木知子さん(左)と渡辺直美さん(右)
多くの方の来場を期待する、鈴木知子さん(左)と渡辺直美さん(右)

 イベント「浜松女子プロレスまつり 2019」が6月15日、アクトシティ浜松の展示イベントホール(浜松市中区板屋町)で開催される。

 男子プロレスの試合は頻繁に開催される一方、女子プロレスの開催がほとんど無い浜松市。
浜松出身の元女子プロレスラー鈴木知子(ファング鈴木)さんと、現役当時タッグを組んで活動していた渡辺直美(ザ・ブラディー)さんが引退した2005(平成17)年以降、ほとんど女子プロレスの開催はなかったという。
しかし、2016(平成28)年にジャガー横田さんの40周年を記念したイベントが浜松でも開催され、目標としていた集客数の2倍を数え大成功を収めた。

 その後、インディーズのレスラーを集めたイベントで女子プロレスの試合をした際に「女子プロレスは面白い」という声が上がり盛り上がりをみせた。
プロレスファンからは「浜松でも女子プロレスを開催してほしい」という声も多く、鈴木さんと渡辺さんが浜松を女子プロレスで盛り上げようとイベントを企画。
浜松のプロレス用マスク店やプロレスバーなどの協力を得て、イベントの開催にこぎ着けた。

 当日はジャガー横田さんや神取忍さん、井上貴子さんなどベテランの女子プロレスラーや、プロレスを始めて数年の新人や若手プロレスラーたちも集まり、総勢16人の女子プロレスラーが参戦。
試合は、シングル3試合、4人それぞれが戦うフォーウェイ、3人対3人の6人タッグを行う。
6人タッグはジャガー横田チームと神取忍チームが対戦する。

 「ジャガー横田さんと神取忍さんが地方でそろうのは初で、今回の一番の見所。
地方の試合でこれだけのメンバーが集まることは滅多にない」と鈴木さん。
芸人のものまねやカンチョーなどコミカルなプレーをする広田さくらさんや、妖怪用な装いで子どもを脅かすアイガーさんも参戦。
激しいだけでなく「楽しかった」と思えるようなイベントにするために、女子プロレスの面白さを「全てを詰め込んだ」という。

 ロックバンド「クイーン」のトリビュートバンド「9een(キュイーン)」がオープニングに登場。
大会用の曲をリミックスしたパフォーマンスをし、会場を盛り上げる。
リングアナウンサーは浜松を中心に活動する芸人・ゲンジョウさんが務め、元女子プロレスラーの豊田真奈美さんのトークショーも開催する。

 「女子プロレスが浜松に来ることは珍しいので、この機会にプロレスを知らない人も女子プロレスの面白いところを見に来てほしい」と鈴木さん。
「浜松まつりは終わったが、当イベントもお祭りのように楽しいイベントなので、女子プロレスで浜松を盛り上げたい」とも。

 開催時間は17時30分~。チケットは自由席=4,000円(高校生=1,000円、中学生500円、小学生100円、当日は追加500円)。

あまり女子プロレスに詳しくない私でも、知っている凄い選手ばかりです、スポーツ不毛の浜松では珍しいくらいの豪華絢爛たるイベントですね。

華2

気温

路3


芭蕉俳句:  冬瓜やたがひに変る顔の形  (とうがんや たがいにかわる かおのなり)

時代背景&解説:元禄7年、51歳。
伊賀上野での作。支考編の『西華集』には「此の句は、伊賀に居給へる時の作なり。
是には、『老女に遭ふ』などいへる題もあらばやと申されしか」とある。
冬瓜を年老いた女性にイメージしている。
冬瓜の季節だが、この瓜なんとも年老いた顔をしている。
久々の郷里だが昔若かった人々も皆年老いて冬瓜のような顔になっている。
私もまた例外ではないのだが。
冬瓜は白っぽい瓜、筋が幾筋もあってそれが皺のように見える。


路4

m3

m4

雨

路5



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。