FC2ブログ

「Friday Market 2019.:金曜日の市場動向。」

日々徒然
06 /14 2019
夜景

花3

気温

今日は何の日 6月14日

星条旗制定記念日(フラッグ・デー)(6月14日 記念日)
1777年のこの日、アメリカ合衆国議会が1776年の独立宣言時の13州を赤白のストライプで象徴した星条旗をアメリカ国旗と制定した。
アメリカが独立宣言を行った頃の旗にはイギリスの国旗が入っていた。
しかし、独立戦争で戦った相手国の国旗が旗に入っていては国民の士気に影響するということで、ワシントンらがフィラデルフィアの旗作り職人ベッツィ・ロスに依頼し、星条旗を完成させた。
当初、国旗の星の数も独立宣言時の13州に因んで13個であったが、その後に州が増えるたびに変更され、ハワイが州に昇格した翌年の1960年から現在の50個の星のデザインとなった。
また、1916年に第28代大統領ウッドロウ・ウィルソンがこの日を国民の祝日とした。

道

( ノ゚Д゚)こんばんは、天候変化の激しかった今週もようやくの勤務最終日、金曜日の夜にブログ更新です。
今週は、吉本芸人さんの「闇営業〔相手先が、堅気の会社なら普通の業務もしくは裏営業と言うか)」、から「日本がチャーターしたタンカーが中東地域で襲撃される事件」(此方は、「虎の威を借る狐」みたいに今までアメリカ合衆国に任せきりだった外交のツケを、これから払わされるのでは、と思わずにいられない事件)まで、割とショッキングな話題が国内外共に多かったですね。
振り返って「昭和」の頃と比較すると、格段に諸問題を詳細に解説できる専門家が、今のマスメディアに少ないように思います。
しがないブロガーとしては、時系列に忠実に各問題を見極めるしかない、と思いつつも、次から次へと日々ウンザリするほど連発してる時事問題、特に芸能界関連の話題は、苦手分野というか、かなり疎いので、芸能スキャンダルが続くと一層に歯痒さを感じてます。

614


道2

m1

m2

GS

花2


今日の気に為る話題は此方です。

タンカー攻撃、戦争のリスクは低く原油相場の上昇は一時的-野村証券
岡田雄至、稲島剛史
2019年6月14日 15:02 JST

船舶の攻撃は「内向きの理由によるもの」-野村証
海運各社は当該海域周辺の運航禁止や全速力での航行を指示
野村証券は14日付のリポートで、ホルムズ海峡周辺でのタンカー2隻の攻撃を受けた影響による原油相場の上昇は一時的で、この問題が戦争に発展するリスクは低いとの見方を示した。

被弾タンカー
Crude oil tanker on fire in Gulf of Oman
黒煙を上げるタンカー「Front Altair」(13日、オマーン湾)Photographer:IRIB News/EPA-EFE

  同社の吉本元シニアエコノミストと大越龍文シニアエコノミストはこのリポートで、同国のザリフ外相を中心に米国との対話を模索する動きがある一方で、革命防衛隊を中心とした対外強硬派は対話路線に否定的な見解を持っており、今回の事件は「イラン内部での路線対立を反映したもの」と指摘。

  対話路線に否定的なイラン国内の勢力が「安倍首相がロウハニ大統領、ハメネイ師と会談を行っているタイミングを見計らって軍事攻撃を行ったことが考えられる」との見解を示した。
外国船舶の攻撃は「あくまでも内向きの理由によるもの」で、「断続的なものにとどまり、ペルシャ湾の航行を完全に阻害するものにはならないだろう」とし、戦争に発展するリスクは低いと予想した。

  ポンペオ米国務長官は13日、ワシントンで記者団に対し、イランは以前からホルムズ海峡の原油輸送を阻害すると示唆していたと指摘し、イランに責任があるとの判断を明らかにしていた。
  
  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物7月限は13日、一時前日比2.3%高の53.45ドルまで上昇した。
野村証は、今後も散発的にタンカー攻撃が行われる可能性はあり、それに連れて原油価格も一時的に上昇するものの、世界の原油需給に供給過剰感がある中では「攻撃後の上昇分は帳消しとなろう」と予想する。
  
  地政学的なリスクのあるホルムズ海峡は、サウジアラビアなどペルシャ湾岸諸国からの原油・天然ガスの海上輸送の要衝として知られている。
経済産業省によると日本が輸入する原油の約8割、天然ガスの約3割が同海峡を経由する。

各国閣僚と協議
  世耕弘成経産相は14日午前の会見で、攻撃により日本のエネルギー安定供給に問題が生じることはないと発言。
エネルギー関連企業などへの注意喚起を行ったほか、同省職員に対して関係省庁と情報収集に取り組むよう指示したと述べた。今週末に開催予定の20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合では、今回の攻撃を含めた安全保障上の脅威や対策について「各国大臣と議論を深めたい」と話した。

  欧州とアジア間の海上輸送の重要な海域であるソマリア沖アデン湾で海賊被害が相次いだことから、国連安全保障理事会は2008年、各国に海賊対策として軍艦や軍用機の配備などを促すことを決議。
日本政府も09年から自衛隊の護衛艦などを派遣し、民間の船舶の護衛活動を行っている。

   世耕氏は、現時点では事実関係の確認を優先させているとし、同様の対応の検討についてはコメントを控えた。
日本郵船や商船三井など海運各社が加盟する日本船主協会の広報担当は、ホルムズ海峡周辺での攻撃の原因が明確になっていないことから、護衛を政府に要請することは難しいとの認識を示した。
同協会としては攻撃への具体的な対策は打ち出しておらず、現時点では各社の判断に任せているという。

  商船三井は攻撃が発生した場所から12マイル(約20キロメートル)以内の船舶の航行を禁止している。
同社の広報担当者が明らかにした。
日本郵船の広報担当によると、ホルムズ海峡は全速力で通過するよう指示しているという。


花

気温2

道3

芭蕉俳句:  蛍火の昼は消えつつ柱かな  (ほたるびの ひるはきえつつ はしらかな) (曾良本おくのほそ道)

時代背景&解説:元禄2年4月。
『奥の細道』旅中、平泉中尊寺金色堂にて。
 光堂の落剥ぶりを詠んだ句。
本文では、五月雨を降り残すようにまばゆい金色堂を表現したが、ここでは昼の蛍火のようにパッとしない光堂の金箔の柱を詠んでいるのである。
前者はそうあって欲しい金色堂であり、これはまた嘱目の金色堂なのであろう。


道4

m3

m4

GS2

道

EDIST. CLOSET



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。