FC2ブログ

「A bank of clouds.:入道雲。」

男の休日
07 /27 2019
雲絵

華3

気温

今日は何の日

夏の土用の丑の日(7月・8月)

土用の期間のうちで十二支が丑の日。
この日には鰻(ウナギ)を食べて夏バテを防ぐ習慣がある。
土用とは、古代中国の自然哲学の思想「五行」に由来する暦の雑節で、立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日間ずつである。
そのため、土用は春・夏・秋・冬にあり、立秋の直前が「夏の土用」である。
五行とは、万物が木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという考え方である。
五行では、春に木、夏に火、秋に金、冬に水が割り当てられる。
残った土は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」と呼び、略して「土用」といった。
土用の期間の中で十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)が「丑の日」は1回または2回あり、1回目を「一の丑」、2回目を「二の丑」という。

「夏の土用の丑の日」の日付は以下の通り。
2016年 一の丑:7月30日(土)、二の丑:なし
2017年 一の丑:7月25日(火)、二の丑:8月6日(日)
2018年 一の丑:7月20日(金)、二の丑:8月1日(水)
2019年 一の丑:7月27日(土)、二の丑:なし
2020年 一の丑:7月21日(火)、二の丑:8月2日(日)

暑い夏を乗り切るために栄養価の高い鰻を食べる習慣は、奈良時代の万葉集にも詠まれているほど古くからある。
夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣については、その由来が諸説あるが、江戸時代に医者・発明家の平賀源内(1728~1780年)が発案したともいわれている。

ガスト

( ノ゚Д゚)こんにちは、今週またしても週末は天候が崩れそうで・・・夜勤明けの土曜日らしい過ごし方をしようと思います。

0727

門

拉麺

m1

m2

GS

華

元

今日の気に為る話題は此方です。


台風6号、三重県上陸=東海地方を横断へ-近畿、関東甲信も大雨警戒
2019年07月27日10時19分

台風6号

 台風6号は27日午前7時ごろ、三重県南部に上陸した。
東海地方を横断して同日夜までに熱帯低気圧に変わり、28日夜には関東の東海上へ抜ける見込み。
気象庁は近畿では27日夕方、東海や関東甲信では28日昼ごろにかけて大雨に警戒するよう呼び掛けた。
強風や高波、落雷にも注意が必要。
 6号は27日午前9時、津市付近を時速20キロで北北東へ進んだ。
中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。
東側330キロ以内と西側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 和歌山市では27日午前9時5分ごろまでの1時間に47.5ミリの激しい雨が降った。
和歌山県串本町・潮岬では同5時20分ごろに最大瞬間風速25.0メートルを観測した。
 28日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海200ミリ、関東甲信120ミリ、近畿と北陸100ミリ。
 その後、29日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と関東甲信50~100ミリ。
 近畿と東海、伊豆諸島の28日にかけての最大瞬間風速は25メートル、波の高さは4メートルと予想される。

【社会記事一覧へ】 【時事ドットコムトップへ】

さわやか

気温2

路


芭蕉俳句:  我が宿は蚊の小さきを馳走かな  (わがやどは かのちいさきを ちそうかな)

時代背景&解説: 元禄3年(一説に4年説も)、陰士秋之坊を幻住庵に迎えた折の歓迎句。
蚊の小さいのだけが取柄の住まいを誇るのは他に余り例が無い。
秋之坊を迎えての心からの歓迎の喜びがほとばしる。
こういう迎えられ方を私もされてみたい。
芭蕉秀句の一つ。


ららぽーと磐田

m3

m4

GS3



ららぽーと磐田2

華2





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。