FC2ブログ

「Our schedules never macth up .:何時も、すれ違うばかり?!」

男の休日
08 /25 2019
イオン

花

気温

今日は何の日 8月25日

即席ラーメン記念日(8月25日 記念日)

1958年(昭和33年)のこの日、世界初の即席ラーメンである「チキンラーメン」が日清食品株式会社より発売された。
同社の創業者・安藤百福(あんどう ももふく、1910~2007年)が麺を油で揚げる「瞬間油熱乾燥法」を思い付き、「美味しくて保存が利き、手間がかからず安くて安全」という5つの条件をクリアして、商品化することに成功した。
うどん1玉6円だった当時1袋(85g)35円と高価だったが、熱湯をかけて3分後には食べられるという手軽さがうけて、爆発的なヒットとなった。
安藤の誕生の地である大阪府池田市には「安藤百福発明記念館 大阪池田」(旧名称:「インスタントラーメン発明記念館」)がある。

チキンラーメンについて

日清チキンラーメンは、商業的に成功した即席麺の最初の事例である。袋麺は1958年(昭和33年)に、カップ麺は1991年(平成3年)に発売が開始された。
チキンラーメンは、麵自体に味が付けられているため、粉末スープ袋などの別添がなく、生のまま食べることも可能である。

チキンラーメンは、安藤が池田市の自宅の敷地内に建てた研究小屋で試行錯誤した末に生まれた。
ある日、妻が作っていた天ぷらを見た印象や食感をヒントに「油の熱で乾かす」ことを思い付いた。
「安藤百福発明記念館 大阪池田」には、チキンラーメンを開発した作業小屋が復元・展示されている。
麺の中央にやや大きめの凹み(卵ポケット)が付いている。
チキンラーメンの「チキン」は鶏を意味する英語「chicken」であるが、商品のローマ字表記は日本語で「Chikin」と綴られている。
2018年(平成30年)で発売開始から60周年を迎えた。
3月5日は安藤の誕生日から「安藤百福の日」となっている。

今日

( ノ゚Д゚)こんにちは、今日は自分の誕生日ながら、朝から母親を「浜松駅」まで送迎し、帰り道に今年も開催される恒例の日本テレビ「24時間テレビ」の地区メイン会場となる、「イオン市野ショッピング・センター」に行きました。
何時もなら、静岡県西部地区の24時間テレビ・メインパーソナリティー「安めぐみ」さん目当てに無理矢理時間調整してでも、見学するのですが、・・・・・。
予想される混雑に恐れをなしサクサク予定をこなして、帰宅しました。
「貧乏暇無」の私が帰宅してから自室のテレビで、「24時間テレビ」を観るのも何年かぶりでかなり久しぶりなんですけどね?!

0825

グリコ

m1

m2

GS

花3

道

今日の気に為る話題は此方です。

木梨憲武の世界 浜松市美術館員が解説
美4

 お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんの個展「Timing-瞬間の光り-」(中日新聞東海本社など主催)を開催中の浜松市美術館で二十四日、同館職員によるギャラリートークがあり、親子連れら約五十人が解説を聞きながら作品への理解を深めた。

美術館
 色彩豊かな絵画やオブジェなど百五十点ほどを展示しており、参加者たちは同館の島口直弥さん(33)の説明を受けながら鑑賞=写真。
一九九四年の「セーヌ川」について「下描きをせずマジック一本で仕上げるという作風の原点がうかがえる」と聞き、手のひらをモチーフにした「リーチアウト」シリーズの新作「きもちのて」の紹介も受けた。
絵
 家族で訪れた小学四年の大嶋紘夢君(磐田市)はカラフルに描かれた大作「感謝」に触れつつ、「想像で描いた世界にひとつだけの花と知り、面白いと思いました」と話した。

 九月八日まで。
開館は午前九時半~午後五時。
一般千二百円。
高校・大学・専門学校生八百円、小中学生・七十歳以上六百円。

(古根村進然)

誕生日だと謂うのに、今日浜松グランドホテルにて開催の「いだてん 東京オリムピック噺」の「トークショー」抽選にもハズレ、どうにも「トーク」に縁の無い自分です。

気温


芭蕉俳句: 夕にも朝にもつかず瓜の花  (ゆうべにも あさにもつかず うりのはな)

時代背景&解説:元禄3年夏。
幻住庵にてとされる。
 夏の花というものは、咲く時間が朝か昼か夕方かとわりと時間の決まったものが多い。
そういう中にあってウリの花はのべつ咲いている。
どうもしまりが無い。
ここにウリとは、真桑瓜を指していて、現在の胡瓜のことではない。


道2

m3

m4

GS2

花2

イオン2





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。