FC2ブログ

「Ownership.:当事者意識。」

男の休日
12 /22 2019
イオン

花

気温

今日は何の日  12月22日

酒風呂の日(春分・夏至・秋分・冬至 記念日)

長野県信濃町で銘酒「松尾」の蔵元を営む株式会社高橋助作酒造店の高橋邦芳氏が制定。
日付は湯で治すと書く「湯治」(とうじ)の語呂が、暦の二十四節気の「冬至」(とうじ)や、日本酒製造の責任者である「杜氏」(とうじ)を連想させることから。
四季の節目である「春分」「夏至」「秋分」「冬至」に酒風呂に入り、健康増進をはかることが目的。
記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

日本酒をお風呂に入れる「酒風呂」は、体がよく温まる、お肌がつるつるになる、リラックスできる、ぐっすり眠れるなどの効果がある。
「酒風呂の日」の日付は以下の通り。
2018年3月21日(水)〔春分〕
2018年6月21日(木)〔夏至〕
2018年9月23日(日)〔秋分〕
2018年12月22日(土)〔冬至〕

2019年3月21日(木)〔春分〕
2019年6月22日(土)〔夏至〕
2019年9月23日(月)〔秋分〕
2019年12月22日(日)〔冬至〕

2020年3月20日(金)〔春分〕
2020年6月21日(日)〔夏至〕
2020年9月22日(火)〔秋分〕
2020年12月21日(月)〔冬至〕

イオン2

( ノ゚Д゚)おはようございます、情けない話ですが、自分自身の体調が少し前から年末にかけ胃腸の調子が悪く、けれども食欲だけは普段通りにあるので、自分でかなりセーブしないといけない状態です。
今年の年末年始は、地元での生活になると思うので何とか過ごせそうですが、忘新年会のシーズンですから、皆さんも気を付けてくださいね。

ららぽーと磐田2

1222

m1

m2

GS

花2


今日の気に為る話題は此方です。


「100万円台でリッター36km」の衝撃! 新型「ヤリス」は小型車市場に新風を巻き起こすか?
2019.12.20 デイリーコラム


1

想定外の燃費データ「小型車の復権!
『フィット』の衝撃!! 『ヤリス』の逆襲!!!」……といったベタなタイトルを付けたくなるのが、2020年初頭のニッポンの自動車事情だ。
海外生産の格安モデルでお茶を濁しているメーカーもある国内のコンパクトカー市場が、両車の登場でにわかに活気づくのは間違いない。
ちなみに、「ホンダ・フィットの衝撃」の内容は、一体型2モーターを用いたハイブリッドシステム「e:HEV」(i-MMD)の採用。
トヨタ・ヤリスが逆襲する相手は、近年、すっかり小型車のお株を奪った感のある軽自動車である。
フィットに関しては実車に触れていないので割愛します。
先日、クローズドのサーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)という限られた条件ながら試乗がかなったヤリスを、新しい情報を加味して少し見直してみたい。
「ヴィッツ」改めヤリスとなった新型は、1リッター(139万5000円~)、
1.5リッター(MT:154万3000円~、CVT:159万8000円~)、
1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド(199万8000円~)の、大きく分けて3種類が用意される。
従来の1.3リッターが廃され、ハイブリッドモデルに後輪をモーターで駆動する電気式4WD「E-Four」が導入されたのが大きなトピックだ。

2

価格面では旧型比で10万円ほどアップした印象だが、ニューモデルは新しいプラットフォームを用いて土台から新しくなったため、言うまでもなく総合力がアップしている。
装備を見ると、安全面での充実が目を引く。
前席ダブル、サイド、そしてカーテンエアバッグを全車で標準装備。
ミリ派レーダーと単眼カメラを併用したプリクラッシュセーフティーは、1リッターのビジネスユースモデルを除いたすべてのグレードで搭載される。
ある程度値段が上がるのは仕方あるまい。
気になる燃費は、1.5リッターモデルがWLTCモードで21.4~21.6km/リッター(FF)と19.2km/リッター(4WD)、ハイブリッドが、35.4~36.0km/リッター(FF)と30.2km/リッター(E-Four)。
新しい「ホンダN-WGN」(129万8000円~169万4000円)のカタログ燃費が20.4~23.2km/リッターだから、ヤリスの数値は驚きだ。

消費者心理はヤリスの大敵では、
これまでの軽ユーザーが大挙してヤリスに流れるかといったら、それは難しいだろう。
「軽自動車だって、ちょっとオプションを付ければ200万円超……」というフレーズを聞く機会があるけれど、軽自動車の実力が底上げされたいま、軽をあたかもワンランク下の存在のように見ることはできない。
「軽だから」「軽なのに」といった枕詞(まくらことば)はもはや不要だ。
既報の通り、ヤリスでレースコースを走ってみたところ、ニューモデルは限界域でも破綻を見せないすばらしいハンドリングの持ち主であることがわかった。
さすがは欧州を中心とした先進国向けに開発されただけのことはある。
しかし、それが軽ユーザーの財布を開かせるかは疑問だ。
日常的に使うにあたり、クルマを趣味の対象と見なさない大多数の人たちは、「ホンダN-BOX」やN-WGN、はたまた「日産デイズ」で十分と感じることだろう。
実際、十分だし。販売現場での小型車のアドバンテージは、白いナンバーや性能面より「乗車定員5人」と「衝突安全性が相対的に高そう」なことかもしれない。
さらに加えて、コンパクトカーの開発陣は“空気”とも戦わなければならないから大変だ。
エアロダイナミクスのことではない。
ニッポンの経済が先行き不安ななかで広がる、「維持費を考えたら、やっぱり『軽』だよね」という消費者の心理である。
皮肉な見方をすると、軽自動車は輸入車に対する一種の非関税障壁の役割を果たしている。
ドメスティックな規格で縛ることで、「本格的に廉価で実用的なガイシャは入れないよ」ということだ。
ハンディを負わせて、ビジネスにさせない。
グローバルモデルのヤリスは、軽に対していわば疑似的に輸入車の戦いを経験することになる。
来年早々に繰り広げられるコンパクトカー同士の競争に興味津々だが、こうした階級をまたいだ戦いにも目を向けることで、将来のニッポンの自動車事情が垣間見えるかもしれない。

3

(文=青木禎之/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、ダイハツ工業/編集=関 顕也)


ららぽーと磐田

気温2

らら


芭蕉俳句:  荻の穂や頭をつかむ羅生門   (おぎのほや かしらをつかむ らしょうもん)

時代背景&解説: 元禄4年秋。
京都での作。
羅生門付近を通ろうとしたら荻の穂に頭をつかまえられた。
オギの穂が幽玄な想いを誘い、そこから羅生門にまつわる一連の鬼女説話に通路が開かれていく。
 ところで、荻はススキによく似た穂を持つイネ科の植物。
葦の一種。水分の多い場所を好み群生する。
高さ1.5メートル。


店

m3

m4

GS

花3

道





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。