FC2ブログ

「Map Day.:地図の日。」

電車
04 /19 2020
駅5

気温

花

今日は何の日 4月19日

地図の日(最初の一歩の日)(4月19日 記念日)

1800年(寛政12年)のこの日、伊能忠敬(いのう ただたか、1745~1818年)が蝦夷地の測量に出発した。
その後、16年にわたって測量をして歩き、本格的な日本全土の実測地図である『大日本沿海輿地全図』を完成させ、国土の正確な姿を明らかにした。
「輿地(よち)」とは大地や地球、全世界のことを意味する。
この地図は、江戸幕府の事業として測量・作成が行われたもので、その中心となって製作した彼の名前から「伊能図(いのうず)」とも称される。
実際に地図が完成したのは伊能の死後、1821年(文政4年)のことである。
縮尺36,000分の1の大図、216,000分の1の中図、432,000分の1の小図があり、大図は214枚、中図は8枚、小図は3枚で測量範囲をカバーしている。
この他に特別大図や特別小図、特別地域図などといった特殊な地図も存在する。
すべて手書きの彩色地図である。

伊能は上総国(現:千葉県)出身の商人で、そこで造り酒屋を営み立派に繁盛させていたが、50歳の時に家督を長男に譲り、江戸へ出て測量・天文観測などを学んだ。
その後、56歳の時に上記の測量を開始した。
幕府からの資金援助はあまりなく、測量器具や旅の費用のほとんどを自費で賄い計測を行ったという。

1949年(昭和24年)に「測量法」が公布されたことに由来して、6月3日は「測量の日」となっている。

駅4

駅3

( ノ゚Д゚)おはようございます、金曜日の夜と云っても何方かと云えば夕方の時間かなぁ、郵便局の方が「ゆうパック」の配達に来られたので、話題沸騰中の「配布マスク」かと思ったら、先月開業したJR東海「御厨駅」の記念切符でした。
blogにも記載させて頂いたので、記念に購入しました。
厳密には「御厨駅 開業記念 乗車券」ですが、あらためて見るとやたらに長いな名称ですね。

御厨

御厨2

内容的には、①「御厨駅」~「静岡駅」、
②「御厨駅」~「島田駅」、
③「浜松駅」~「御厨駅」の3種類の切符が入っていました。
一応、使わずに大事に保管しておこうかと思います。

御厨3

桜

駅2

駅

駅

駅2

花2

今日の気に為る話題は此方です。

キハ20塗装の記念車両発進へ 旧国鉄二俣線全線開通80周年
静岡新聞NEWS (2020/4/16 09:30)


旧国鉄二俣線時代に運行した「キハ20」の配色に塗装された80周年記念車両(右)と現行の天浜線オリジナル車両(左)=15日午前、浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅
旧国鉄二俣線時代に運行した「キハ20」の配色に塗装された80周年記念車両(右)と現行の天浜線オリジナル車両(左)=15日午前、浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅

 天竜浜名湖鉄道(浜松市天竜区)は25日から、6月1日の旧国鉄二俣線全線開通80周年を記念して、国鉄時代に走行していた「キハ20」の配色に塗装した記念車両の運行を始める。
15日、同区二俣町の天竜二俣駅で報道陣に公開した。
 キハ20は1962年に二俣線に配置されたディーゼルカーで、天浜線に移行するまでの25年間、同線を走った。
記念車両は、白を基調とした現行のオリジナル車両を、キハ20の朱色とクリーム色のツートンカラーに塗り替えた。
 記念車両は80周年企画の一環として、車両区の川島優一主任(33)と運転手の滝口翼さん(36)が発案した。
川島主任は「80周年を機に、二俣線の原点へ立ち返るという思いから企画した」と語る。
 長谷川寛彦社長は「沿線の皆さまに懐かしい車両を見ていただきたい。二俣線と天浜線の80年を振り返ってもらうきかっけになれば」と話した。
 25日午後1時50分の天竜二俣駅発の下り列車から運行を始める。
80周年記念ヘッドマークを付け、定期列車として運用する。


店2

気温2

桜

芭蕉俳句: 酒のみに語らんか ゝる瀧の花 (さけのみに かたらんかかる たきのはな)

時代背景&解説: 吉野と言えば桜だが、この花は桜か、山吹か不明。
色彩としては後者の方が鮮やかな感じがするが如何? 
何れにしろ、この花を酒飲みの土産にしたら喜ばれることであろう。


道

m3

m4

花3

店



在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。