FC2ブログ

「Virtual ,virtual, virtual in Japan.:日本Virtual模様。」8月22日

世界のニュース
08 /22 2020
展示2

気温

華

今日は何の日 8月22日

カニカマの日(6月を除く毎月22日 記念日)

石川県七尾市に本社を置き、水産練製品・加工品の製造・販売、冷凍魚塩干魚の販売などを行う株式会社スギヨが制定。

かに風味かまぼこ「カニカマ」の美味しさをより多くの人に味わってもらうことが目的。
日付は、かにのハサミの形状が漢字の「ニニ」に似ていることから毎月22日を記念日に。
なお、6月22日は「かにの日」なので、本物のかにへ敬意を表して除いている。
記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。
この日を中心に、カニカマスマイルフォトコンテストが実施される。

元祖「カニカマ」メーカーのスギヨでは、「まるでカニのほぐし身のようなカニカマ」「大人のカニカマ」「匠のカニカマ」「香り箱」など数多くのカニカマ商品を販売している。

中でも「香り箱」は、ズワイカニの脚肉をイメージし、形状・食感・味・色合い・ジューシー感を再現したカニカマで、2006年(平成18年)度の第45回農林水産祭最高賞「天皇杯」を受賞している。
カニの代用品として使用でき、お刺身やちらし寿司の具にもぴったりなカニカマである。

カニカマについて

カニカマ(Crab stick、Seafood stick)は、「かに風味かまぼこ」を略した名称で、色や形・食感をカニの身に似せたかまぼこ(魚肉練り製品)である。
実際にはカニ肉は入っておらず、海外ですり身に加工し冷凍すり身として輸入されたスケトウダラを主原料とする場合が多い。

1972年(昭和47年)に、スギヨが着色・着香した蒲鉾を細く裁断した商品である「珍味かまぼこ・かにあし」を発売したのが最初とされている。
発売当初、「インチキじゃないか!」などの苦情が寄せられたが、この消費者の声を逆手にとり「カニのようでカニでない」とのキャッチコピーで、あくまでも「アイディア商品」として全国に広告宣伝活動と販売を行った。

現在、カニカマは日本のみならず、世界各地で安値で食べられるサラダなどのトッピングとして広がっている。
日本からも輸出されているが、海外では韓国製のものが多く流通している。

世界的にも「コピー商品」の氾濫する「東アジア」で、味も存在も「絶妙な商品」の一つが「カニカマ」ですね。
最近では「カニカマ」抜きの「サラダ」が味気無い位なのも、時代の流れ何でしょうか?!
閑話休題、「キムチ」は好きです。

風鈴3

( ノ゚Д゚)おはようございます、「昭和」の頃にあった「サザエさん」の価値観さえ「令和」の今では何処へやら、「サザエさん」の登場人物の一人である「三河屋さん」さえ今や限りなく架空の存在に近く、blog冒頭の「ビックカメラ・キャラクター」の「浜松たん」の存在が際立つ現代、蜃気楼が出そうなぐらいの暑さだけがリアルな日本社会です。

マスメディアが好きな「ビフォー コロナ」・「アフターコロナ」で、先ず首都圏に影響が出そうな事態は下記の記事辺りでしょうか?!
焦点:コロナで崩れる東京オフィス需要、淘汰選別が静かに進行
二番目の記事に対する個人的な意見ですが、此れも「給付金」の配布の仕方次第だったかと思うけど、・・・・・。
仮に最初の「給付金」が2020年度の3月分だけで、後に連続して4,5,6月分の三か月分も連続して給付するのなら、極めて従順で、国家に忠誠度が高い国民の3割ぐらいは、「Go to トラベル」キャンペーンに喜び勇んで旅行へと・・・・・・・。
傍から見ても強引過ぎるキャンペーンを、下準備と云うか配慮無に断行する程、今や日本の財政・経済状況は「死に体」レベル何でしょうか?!
GoTo、「失敗」と岩手知事 7月開始早過ぎ
日本人なのに「死に体」と云う言葉自体が、「相撲用語」だったのを初めて知りました。
死に体
相撲」は日本の「国技」なのに、どうもスイマセンでした。
未だに世界中の何処の会社も完成させていない「ワクチン」に縋る報道を先行させる事自体、日本の「政治」処か日本の「マスメディア」が「レームダック」の証拠何でしょうかなぁ?!
レームダック
使い慣れない言葉の連続で、小心者の叔父さんは文学部卒業ながら内心ビクビクしてブログを書いていますよ。

アマエビ

漫画家の「水木しげる」先生亡き後、全国各地で頼られて一番迷惑してるの妖怪「アマエビ」さんでしょうか?!

こう云う時だけ「報道の自由」で「真実の報道」から懸け離れた、なぜか本家の「ピーターパン」さえ凌ぐ大脱線で「現実逃避」へ変換するのも、「令和」時代であっても「日本」の「マスメディア」の得意技なんでしょうネェ?!
しかしながら、明日をも知れぬ国家的危機の状況下に、マスメディアが創出した御花畑の様な「メルヘン」を、心の底から喜ぶ国民は極めて少ないのでは・・・・・・。
COOL CHOICEイメージキャラクター「君野イマ」「君野ミライ」
昔から日本政府の「政策」自体に異様な迄に「ピーターパン臭」がして、少なからず危機感があったけど、流石に此処迄くるとΣ(゚д゚|||)凄過ぎる。
噂では「クラウ〇ワーク〇」案件らしいけど、例によって「作品自体」は才能の無駄使いぐらいに高レベルながら、役所としては他にやる事が山積みなのでは・・・・・。
どうせなら一体感で大臣も、ロマン一興と御自身の「」でも投稿なさったら佳かったのに・・・・・・。
自由民主主義国家」でも、何故か事有る毎に毎度「外野」処か「観客席」扱いの庶民としては例え即効性は無くても、明日の日本に役立つ具体的な政策を100以上(各省庁で100以上の部署は、充分あるだろうから)政府自身が並べて、直接国民に選ばせる位の度量があっても善かったのでは・・・・・。

風鈴

0822

m1

m2

GS

華2

看板3

今日の気になる話題は此方です。

新型コロナワクチン、価格は「インフル並み」の 40ドル…米政府の契約、世界の指標となるか
Answers> AnswersNews> ニュース解説> 新型コロナワクチン、価格は「インフル並み」の 40ドル…米政府の契約、世界の指標となるか  2020/07/28


コロナ
米ファイザーは、独ビオンテックと共同開発している新型コロナウイルスワクチンについて、1億回分を約20億ドルで供給する契約を米国政府と結んだ(ロイター)

[ロイター]米国政府は7月22日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、1億回分のワクチンを約20億ドルで調達する契約を結んだ。
業界アナリストは、これがCOVID-19ワクチンの世界的な価格設定の指標になると見ている。

今回の契約はワクチンの承認が条件。
ファイザー/ビオンテックのCOVID-19ワクチンは2回接種となる可能性が高く、1人あたりの価格は39ドル(約4100円、1回分は19.5ドル)となる計算だ。
これは季節性インフルエンザの予防接種とほぼ同じで、COVID-19ワクチンの価格設定の目安を直接知ることができる初めてのケースとなった。
この価格なら、製薬企業としてもCOVID-19ワクチンから利益を得ることも可能になる。

米政府がこれまで他のメーカーと結んだ契約とは異なり、ファイザーとビオンテックは、今月開始予定の大規模臨床試験で安全性と有効性が証明されるまで、米国政府から支払いを受けることができない。
米国をはじめとする各国の政府は、COVID-19ワクチンの開発を支援するために製薬企業と契約を結んでおり、中には一定量の供給を保証するものもあるが、完成したワクチンの具体的な価格が示されたのは今回が初めてだ。

「合理的な範囲」
センター・フォー・メディシン・イン・ザ・パブリック・インタレストのピーター・ピッツ会長によると、米国のインフルエンザワクチンの平均価格は約40ドルだといい、「これと比べると(COVID-19ワクチンの価格設定は)良いように思える。
合理的な範囲だ」と語った。

みずほのバイオテクノロジーアナリスト、バミル・ディバン氏は、開発中のCOVID-19ワクチンはどれも安全性と有効性において似たようなデータを示しており、どのメーカーも他社と比べて著しく高い価格を設定することはできないだろうと指摘する。

専門家は、世界中を襲ったパンデミックを打破するには、効果的なワクチンが不可欠だと考えている。
ワクチンは何十億人もの人々に接種できるようにしなければならない。
製薬企業は、世界的な健康危機から大きな利益を上げるべきではないという相当なプレッシャーを受けている。

SBVリーリンクのアナリストであるジェフリー・ポージェス氏は、1人あたり40ドルなら「メーカーは確実に利益を生み出すだろう」とし、地域によっては粗利益率が60~80%になる可能性もあるという。
ただし、この粗利益率には研究開発コストは含まれておらず、ファイザーはワクチン開発に最大10億ドルの費用がかかるとしている。

今回の価格設定は製薬会社に一定の利益をもたらすことになりそうだが、アナリストや医薬品価格の専門家は、今回の価格はほかの一般的なワクチンと同程度であり、切実なニーズを考えると、政府にとっても良い条件だと述べている。

「重要なベンチマークに」
ポージェス氏は「今回の契約は、COVID-19ワクチンの価格設定において重要なベンチマークとなるだろう」と述べ、メーカーは世界中で単一の価格設定を目指す可能性が高いとの見方を示す。

ファイザーや米モデルナ、米メルクはいずれも、ワクチンを利益の出る価格で供給する計画を明らかにしている。

世界各国の政府や非営利団体は、有望なCOVID-19ワクチンを確保しようと争奪戦を繰り広げているが、どのワクチンも最終的に成功する保証はない。

米ジョンソン・エンド・ジョンソンはロイターに対し、欧州連合(EU)、日本、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ・財団とワクチン供給について協議していることを明らかにした。
J&Jを含むいくつかの製薬企業は、パンデミック中はワクチンを非営利で供給するとしているが、同社は価格の詳細を明らかにしていない。

英アストラゼネカは、同オックスフォード大と共同開発しているワクチンについて、12億ドルの先行投資と引き換えに3億回分を米国に提供することで合意した。
1回分のコストは約4ドルとなる計算で、ファイザー/ビオンテックよりもはるかに安い。
ただ、アストラゼネカの場合、開発に失敗したとしても、先行して受け取った資金で研究開発に費やしたコストを回収することができる。

(Carl O’Donnell、翻訳:AnswersNews)


道2

気温2

道

>芭蕉俳句: 皿鉢もほのかに闇の宵涼み  (さらばちも ほのかにやみの よいすずみ)

時代背景&解説: 元禄7年夏。
作句芭蕉は不明だが、大津あたりか? 
誰かに招かれて食事をした後の灯の無い部屋での静かな時間。
「宵涼み」は夕涼みより遅い時間帯をの納涼時間。
静かに室内に夜の帳が下りてくる。
もはや見えるものとて白い磁器の皿鉢だけ。
いま、こうしてゆったりした宵涼みの時間を過ごしている。


吽

風鈴2

m3

m4

GS2

華3

看板

展示



在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。