FC2ブログ

第2123回「肌身離さず持っているもの」

トラックバック
10 /05 2020
イオン

気温

今日は何の日 10月5日

社内報の日(10月5日 記念日)
「社内報」のコンサルティングなどを行う株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーション(現:ウィズワークス株式会社)が制定。

日付は「社内を統(10)合(5)」と読む語呂合わせと、10月の第1週に優秀な社内誌企画を表彰する「全国社内誌企画コンペディション」が開かれていることから。
企業内でのコミュニケーションツールとしての「社内報」の役割を再認識し、企業を元気にするために「社内報」の活用を促進することが目的。
記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ウィズワークスについて
ウィズワークスは、東京都新宿区新宿に本社を置き、「社内報」などによるインターナル・コミュニケーションで企業の価値を向上させることを目的としている。

紙媒体の「社内報」から最新の電子媒体の「Web・アプリ社内報」など、社内報専門会社として数多くの社内報の企画・制作に携わってきた。
また、その経験から各社に最適な社内報を提案・実施することが可能である。

社内報について
社内報とは、社内広報を行うためのツールとして制作された冊子(社内誌)やWeb、映像などの媒体のことである。
最近は社内イントラネットの普及でWebを使った社内報も増えているが、昔ながらの紙媒体も多く見られる。

日本における最初の社内報はカネボウ(現:クラシエ)が1903年(明治36年)に発行した『鐘紡の汽笛』(または『兵庫の汽笛』)であると言われている。
この社内報は現在の『クラシエニュース』へと引き継がれている。

華

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「肌身離さず持っているもの」です外出時に必ず持ち歩いているものはありますか?私の場合はリップクリームです学生の時からなんとなくリップクリームがないと落ち着かず、ずっと持ち歩いています職場のロッカーに一応スペアのリップクリームを置いているくらいです万が一、身の回りにないときはコンビニなどでついつい買っちゃいますあなたが肌身離さず...

( ノ゚Д゚)おはようございます、去年に引き続き今年も行った、自宅の一部リフォームが、先週金曜日に終了しました。
気分一新と云うか、ついでにと云うかブログ「表題」もリフォームして、ブログ開設当初の「表題」に戻し+「追記した英語部分」へと変更してみました。
さて「トラックバック」「肌身離さず持ってるものは?」ですが、一応、カメラが多いですね。
勿論、手にしてない時もありますが、そんな時はカメラ性能が格段に進化した「スマート・フォン」で、代用したりしています。

FC2 トラックバックテーマ:「肌身離さず持っているもの」



店

風鈴

m1

m2

GS

華2

今日の気になる話題は此方です。

トランプ米大統領は「調子良好」 治療薬の投与継続―主治医
時事通信 2020年10月04日01時38分

トランプ米大統領は「調子良好」 治療薬の投与継続―主治医

 【ワシントン時事】新型コロナウイルスに感染し入院したトランプ米大統領の病状について、主治医が3日午前(日本時間4日未明)、記者団に説明し、「とても調子がいい」と述べた。「私たちは非常に楽観的だ」とも強調した。
 主治医は、ここ24時間は発熱もなく、一部で報じられた呼吸の困難はないと説明。
心臓、腎臓、肝機能などは「すべて正常」と語った。
血圧やコレステロールの値も問題ないとした。
トランプ氏は「きょうはここから出られそうな気がする」と外出にも意欲を見せたという。
 退院については「見極めは難しい」として慎重に判断する考えを示し、治療薬「レムデシビル」の投与を5日間継続する計画を明らかにした。


道

気温2

道2


芭蕉俳句: 初茸やまだ日数経ぬ秋の露 (はつたけや まだひかずへぬ あきのつゆ)

時代背景&解説: 元禄6年秋。
暦の上では秋とはいえ未だ日数も浅いのにもう初茸が顔を覗かせている。
それでも秋らしくそれに朝露がついている。
「日数経ぬ」が初茸について茸の未熟さを言うのと同時に、秋とは名ばかりの季節にそれでも露がついているという季節の浅さがダブって表現されている。
このダブりが句を混乱させている。この時期の作としてはめずらしくまとまりの無い句ではある。


店2

風鈴2

m3

m4

GS2

華3

銀行

ららぽーと磐田

らでぃっしゅぼーやの【おせち2021】

在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。